Ovni --| Numéro 607

独仏のエゴに振り回されるエアバス再建計画。

 エアバス社は、ボーイング社を追い越すために開発した超大型旅客機A380の昨年来の納期遅滞で注文取消しや遅配賠償金など5年間で48億ユーロの損失、A350XWBの開発費超過分100億ユーロと、親会社EADS(欧州航空防衛宇宙社)の土台をも揺るがすほどの財政危機に直面。そのうえ販売はドル建て、生産費は...

Gare de Lyon駅界隈(12区)

日曜だってでかけたい 高架橋の上と下にのびる気持ちのいい散歩道。  ガール・ド・リヨン駅(1、14号線、RER A、D線)は、国鉄SNCF駅へ連絡しているため、乗降客がパリで5番目に多い駅だ。国...

ドキュメンタリー映画は豊か。 想田和弘監督『選挙』他

 事実は小説よりも奇なりというが、最近、世界的にドキュメンタリー映画の人気が高い。下手なフィクション映画より余程面白く、多くのことを我々に問いかけてくれるからだろう。先日ポンピドゥー・センターで開かれていたドキュメンタリー映画祭〈Cinema du Reel〉で上映された『選挙』は、ニューヨーク在住の想田和弘監督が...

菓子職人 ガンベッタ界隈は自分に似ている街だ。

James Bertier 長年住んでいる人はみな顔見知りで、下町らしい気さくな雰囲気が漂うガンベッタ界隈。まるで映画の一幕を見るような懐かしさが漂っている。ここで、地元の人々から愛されている菓子店〈シュクレカカオ〉。パティシエのベルティエさんは、「この場所に店を構えたのは偶然じゃないよ。パリで一番自分にそっくり...

ハト減らし作戦の新手は〈鳩舎〉。

ラ・ ロケット通りをぶらぶら歩いていると、巨大な巣箱のようなものがラ・ロケット公園の入口に立っているのが目についた。そばの立て札をみると、ピジョニエ (鳩舎)だった。ハトを餌と水でおびき寄せてこの場所に慣れさせ、卵を産ませたあと卵に針をさしてヒナがかえらないようにする、つまりハト減らし作戦のた めなの...

ビジネス街 色あざやかな ネクタイや

 3月初めだが、パリは本当に暖かい。9区のノートルダム・ド・ロレット教会の前を通ると、階段にはお昼ごはんを食べながら日向ぼっこをしている人がずらりと並ぶ。  前から思っていたけど、フランスのビジネスマンの服装はとてもカラフル。日本だったらキザになりそうだけれど、なぜかフランスではとても自然。いつもどうやって選...

音楽情報etc

●マルク・コペ  2000年までイザイ弦楽四重奏団で活躍していたフランスのチェロ奏者マルク・コペは今一番脂が乗り切っている。今回の公演では、3月に続いてバッハの無伴奏チェロ組曲の2番、4番、6番を演奏する。 28日/17h。17e。 ...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る