デザート

TORAYA Paris 「シャテーニュ」がオススメ。

   秋の味覚といえばさまざまありますが、「栗」は代表的なものの一つですね。現在パリのとらやさんでは、パリ店限定でフランスの新栗を使用した生菓子「シャテーニュ」を、期間限定・数量限定で販売中。自分へのご褒美に、あるいはご家族へのサプライズに、とらやの和菓子はいかがでしょうか?   [...]

リヨン銘菓といえば、Maison Palomas。

 創業1917年の老舗「Maison Palomas メゾン・パロマス」はリヨン2区、フルヴィエールの丘の眺めも素晴らしいベルクール広場にある。洗練された内装の店内には、目にも美しいリヨン銘菓が並ぶ。 ショコラティエ、ドミニク・クレアさんが継承する当店看板のリヨン銘菓は「パレ・ド [...]

子どもたちが得意げに作ってくれたヨーグルトケーキ…。

Gâteau au yaourt  リンゴや洋ナシ以外に季節の果物がまだまだとぼしいから、デザートは何にしようかなと迷ってしまうこの頃…。そんなときにはヨーグルトケーキはどうだろう。学校やら林間学校で子どもたちが覚えてきて、作ってくれたことを思い出す。今回は、リンゴや干しブドウも [...]

あら、チョコレートのトリュフ、できちゃった! ノエルが近い…。

Truffes au chocolat なぜかノエルとチョコレートには縁があるようで、ノエルが近づいてくるとチョコレート屋に列ができ、さまざまなチョコレートの詰め合わせが飛ぶように売れていく。そんなとき、チョコレートのお菓子、トリュフ・オ・ショコラを子どもたちと一緒にうきうき気分 [...]

パンプキン・パイを焼こう。Pumpkin pie(tarte au potiron)

米国のサンクスギビング(感謝祭)のごちそうは七面鳥のロースト、デザートはカボチャのタルト、パンプキンパイ。この冬らしいタルトを焼いてみよう。 いつもの要領で、小麦粉240g、バター120g、卵黄1個、砂糖大さじ1杯、水大さじ約4杯でパイ生地pâte briséeを作って2時間寝か [...]

しっとりと焼き上がった洋ナシのケークからバニラの香り…。

Cake aux poires 英語のcakeはケーキ一般を意味するが、それがフランスに渡ると「ケーク」と発音され、同じくケークと呼ばれるパウンドケーキ型で、ベーキングパウダーなどの酵母が入った生地を焼いたものを指すようになる。生地にさまざまなドライフルーツをきざんで加えたものが [...]

チョコレート好きにはたまらない定番のデザートです。

Mousse au chocolat 7月1日号のコラムでイチゴのムースの作り方を書いたら、友人から「ムース・オ・ショコラの作り方も教えてほしい」と注文された。そういえば、まだ一度も書いたことがなかった気がする。子どもたちが小さいときはよく作ったものだけれど、彼らが独立して住むよ [...]

赤い果実のタルト、おいしさの決め手はカスタードクリーム…。

Tarte aux fruits rouges 今が旬のイチゴだけでなくフランボワーズも入る赤い果実のタルト。イチゴは、マラ・デ・ボワ種のような中粒の香り高いものだったら文句なしだ。小さなボール紙の箱に入ったフランボワーズも買ってくる。生地は市販の折り込みパイ生地を使うことにする [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る