フランスの出来事

新月とナツメヤシ。

 ベルヴィル大通りのマグレブ菓子屋さんや食料品店に、せり出すようにナツメヤシの実(デーツ)が並ぶと、ラマダンがきたな、と感じる。即席の陳列台も登場し、生産地も粒の大きさも様々な、茶色い実の品定めに通行人が次々と足をとめる。イスラム教徒が日の出から日没まで断食をする神聖な月、 ラマ [...]

メセナ求ム!パスツール博士の家。

 近代細菌学の開祖ルイ・パスツール(1822-95)の家を修復するため、フランス文化遺産基金と科学アカデミーは寄付金を募集中。仏東部ジュラ県ドール市にはパスツール博士の生家があるが、修復が予定されているのはそこから34km、アルボワ市にある博士が幼少期を過ごした家だ。1935年か [...]

劇場占拠、100ヵ所に。

 3月4日にパリのオデオン劇場から始まった劇場占拠運動は、みるみる全国に飛び火。3月末で、100もの劇場が占拠されている。政府勧告により閉まっている劇場や他の文化施設の再開を求めるほか、失業保険改革法案の撤廃や、「アンテルミタン*」と呼ばれるスペクタクル関係者に対する援助が今年8 [...]

キスはおあずけ。

 あいさつの握手やキスをする人が、この1年で大幅に減った。3月に行われた世論調査*によると、昨年3月の時点で友人、仕事の同僚、家族など親しい人に会った際に「握手をする」と答えた人が85%だったに対し、この3月は22%に。初対面の握手は75%から10%に。親しい人と会った時の挨拶と [...]

オルセーが「オルセー・ジスカール=デスタン美術館」に。

 オルセー美術館と、オランジュリー美術館の名前に、昨年12月に亡くなったジスカール・デスタン大統領の名をつけることを文化相が発表した。 オルセー美術館がオープンしたのはミッテラン政権下の1986年。しかし、かつて鉄道の駅舎だった建物を美術館にすると決めたのはジスカール=デスタン大 [...]

春時間。

 毎年、街で水仙売りに出会うと、春が来たな、と思う。曇り空の下、黄色い花が鮮やかに、まぶしく感じられる。3月20日は春分だ。28日には冬時間から夏時間に変わる。28日午前2時に、時計の針を1時間進めて、3時に…。はて、この時間の切り替え、もう終わるのではなかったか…。 フランスは [...]

パリ・オペラ座バレエ団エトワール、パトリック・デュポンさん死去。

 バレエダンサーのパトリック・デュポンさんが3月5日、病気で亡くなった。享年61歳。 1959年パリ生まれ。10歳でパリ・オペラ座バレエ団の3カ月の予備研修を受け、75年に入団。76年ヴァルナ国際バレエコンクールで金賞に輝く。1980年、ジョン・ノイマイヤーが彼のために創作した『 [...]

「パリの日本人画家」赤木曠児郎さん逝去。

 佐伯祐三や藤田嗣治に憧れ、何人の日本人が「パリの画家」を目指してフランスに渡ってきただろう。そして、そのうち何人が「パリの画家」として認められ、画家として暮らし、そして画家として生涯を終えただろう。多くの者が成し遂げられなかった夢を生きた、正真正銘の「パリの日本人画家」赤木曠児 [...]

コロナ : 実験的に大型コンサートを実施。

 バシュロ文化相は2月15日、ニュース番組に出演し、新型コロナの感染状況が許せば、3月と4月にマルセイユとパリの大型コンサートホールで実験的にコンサートを行うと語った。 3月後半にはマルセイユの国立衛生医学研究所の協力のもとコンサートホールDômeで1000人の観客、4月はパリで [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る