展覧会

いつもと違うヴェルサイユ音楽探訪。「シャペル・ロワイヤル」~音楽と音楽家たち~

 ヴェルサイユ・バロック音楽センターとフランス・ミュージック(ラジオ)は、ヴェルサイユ宮殿「シャペル・ロワイヤル~音楽と音楽家たち~」全6話をウェブで公開。展覧会 Exposition + ポッドキャスト = Expodcast 」という新しい形態で、ナレーションを聴きながら同セ [...]

L’Age d’or de la peinture danoise(1801-64)

1801年から約半世紀間、デンマークは政治的に弱体化、国の財政も破綻したが文化芸術は花開き「黄金時代」と呼ばれた。王立美術学校教授クリストファ・エガスベアと彼の弟子で後に大成した画家、彫刻家たちの作品200点。 [...]

クーデルカが30年間撮り続けた「廃墟」集大成。

仕切りを使わず、パノラマ写真を視線と同じ高さに吊り下げる方法で、迫力のある展覧会になった。1938年にチェコで生まれたクーデルカは少年時代に写真の手ほどきを受け、技師と写真家の二足のわらじを履いていたが、1968年にソ連の軍事介入を撮影したことで亡命し、無国籍者になった。 [...]

〈美の秘密‐浮世絵に見る江戸時代の化粧と髪型〉展

〈美の秘密‐浮世絵に見る江戸時代の化粧と髪型〉展。身分、既婚・未婚、年齢などで決められていた髪型や化粧。当時の化粧道具や版画、美容書で詳解。歌川国貞(3代豊国)「江戸名所百人美女」、楊洲周延が大奥の季節の儀式や装いを描いた「千代田之大奥」は必見。 [...]

「キリコ ー 形而上的絵画」オランジュリー美術館で。

ジョルジョ・デ・キリコ(1888-1978)の半生をたどる展覧会。人気のない建物の風景を描いた20代がキリコの画家として一番良い時。第一次世界大戦に従軍して神経衰弱になり、入院した病院で見たものから人の模型や幾何学的なオブジェをモチーフにした作品が生まれた。 [...]

生命の息吹 – 沖縄、ミシシッピ、ウガンダ。

米国人画家キンゲリーの先祖は、19世紀にミシシッピ川の東側からオクラホマ州に移住させられた先住民族のチカソー族。キンゲリーは沖縄、メキシコ、ウガンダでテキスタイルなど伝統手工芸を学んだ。沖縄では琉球大学で学び7年間を過ごし、 [...]

アーリブリュットに夢中! Art brut à la folie!

 パリの2つのギャラリーが共催するアール・ブリュット展。著名な作家40人を集めた。マイヨール美術館で開催中の「霊よ、おまえはそこにいるのか?」の主な作家の一人、オーギュスタン・ルサージュ、子供の死と自身の病気後、霊に導かれて描いたマッジ・ジルなど。 [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る