展覧会

IREZUMI l’art du tatouage japonais

3月20日(土)まで 『刺青殺人事件』(1948)などの本格推理小説を書き続けた高木彬光が撮っていた、二代目彫宇之など昭和の刺青の世界。イリナ・イオネスコがヤクザ組員らと温泉で行った稀有なフォトセッションから生まれた作品…日仏独写真家5人の刺青の写真を同時に公開。 [...]

Christian Boltanski « Après »

3月13日(土)まで 「コロナ禍中で、興味深くまたおぞましいのは〈死〉が隠されなくなったこと。否定されていた死が、私たちの周りにあることとして語られるようになったこと」。記憶、宗教、死などをテーマに半世紀にわたる創作を続けてきた芸術家ボルタンスキーが、ロックダウン中に、今の世界を [...]

Herbert List “ITALIA” ヘルベルト・リストの撮ったイタリア

2月20日(土)まで バウハウスでアンドレアス・ファイニンガーに写真を学び、シュールレアリスムの影響を受けた作品を撮っていたヘルベルト・リスト(1903-75)だが、ナチスが政権につくと中南米や地中海沿岸などを多く旅し、50年代からは躍動感あるルポ写真も撮るようになった。 本展は [...]

いつもと違うヴェルサイユ音楽探訪。「シャペル・ロワイヤル」~音楽と音楽家たち~

 ヴェルサイユ・バロック音楽センターとフランス・ミュージック(ラジオ)は、ヴェルサイユ宮殿「シャペル・ロワイヤル~音楽と音楽家たち~」全6話をウェブで公開。展覧会 Exposition + ポッドキャスト = Expodcast 」という新しい形態で、ナレーションを聴きながら同セ [...]

クーデルカが30年間撮り続けた「廃墟」集大成。

仕切りを使わず、パノラマ写真を視線と同じ高さに吊り下げる方法で、迫力のある展覧会になった。1938年にチェコで生まれたクーデルカは少年時代に写真の手ほどきを受け、技師と写真家の二足のわらじを履いていたが、1968年にソ連の軍事介入を撮影したことで亡命し、無国籍者になった。 [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る