日曜営業

日曜日に開いているレストランと開催中のイベント情報。

ロンドン・マラケシュで活動するアーティスト Hassan Hajjaj

11月17日(日)まで ハッサン・ハジャジは1961年モロッコで生まれ、ロンドンとマラケシュで活動する写真家、ビデオ作家、ファッションデザイナー。キッチュでおしゃれなベールを被ったイスラム教徒の女性や派手な衣装の若者の写真を撮り、イスラムファッションのイメージを一変させる。...

ムーラン・ルージュ、きょう130歳!

きょう10月6日、「フレンチ・カンカン」の踊りで有名な「ムーラン・ルージュ」がオープン130周年を迎える。実業家ジョゼフ・オレー(1839-1922)が「もっとも偉大で美しいキャバレー、女と踊りとカンカンの殿堂」を夢見てシャルル・ジドレーと共に設立したミュージック・ホールは、今や世界一有名な劇場となった。 パリの...

モンドリアンの具象画 – Mondrian figuratif

最初から抽象を描くアーティストは少なく、具象から抽象に行く人が多い。幾何学的抽象で知られるピエト・モンドリアン(1872−1944)は、最後は抽象だけになるのだが、抽象と同時に具象も描いていた時期があった。それを証明するような展覧会だ。モンドリアンの人生を変えたパトロン、サロモン・シュライパーとの交流を軸に、シュライパーが所蔵していた作品を展示している。...

Bistrot La Renaissance|料理とコスパと30年代そのままの内装が魅力的。

パリで撮影された映画を観る度、あれはどこ、これはここと確かめずにはいられないような人に大おすすめのビストロ。シャブロルやジディなどの数々の映画に登場しており、タランティーノの『イングロリアス・バスターズ』では、第3章で主人公が立ち寄るカフェがココ。印象に残るステンドグラスの間仕切りは、いまも健在だ。...

Yann Arthus-Bertrand -“Legacy後世への遺産”

ニコラ・ユロの例を出すまでもなく、世界中の自然と人の営みを撮っているとエコロジストにならずにはいられない。マングローブが作るハートの形を撮った航空写真で有名なヤン・アルテュス=ベルトランもそのひとり。「グッドプラネット財団」を作り、炭素排出を減らすために植林や再生エネルギーを支援している。8月にアマゾン森林火災に対してLVMHが1千万ユーロの支援金を申し出た裏には、彼の働きかけがあった。...

J’suis là|四川料理の居酒屋で、串料理を楽しもう。

11区はオベルカンフ界隈の喧騒の真っ只中にある、四川料理のお店。居酒屋っぽい雰囲気の店内を見回すと、常連客が多いのが見て取れる。ここの名物は何と言っても串料理。どのテーブルにも10本、20本の串が盛られた大皿が迫力で、興味をそそられる。砂肝やハツ、ソーセージは1€、仔羊、鶏、牛は1.2€、蓮根、豆腐、切り餅は1€、絶品のエノキ茸(flammulina)は1.2€と、どれも1€~1.2€で、自由自在に選ぶのにワクワクする。串には五香粉がかけられていて、甘くスパイシーな香りが食欲を増進させてくれる。...

プランタン・デュ・グーでJCBカードのキャンペーン実施中。

  プランタン百貨店のグルメフロア、プランタン・デュ・グーでは「ディスカバー フレンチガストロノミー」と題して、JCBカードホルダーの皆さま向けに、8/1よりキャンペーン開催中! 11月末まで、JCBカードをご利用いただくと、以下の特典があります! 50€以上のお買い物をすると、シャンパン1杯(10€)、...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る