ヨーロッパ諸国料理

Kilikio|ちょっと他にないギリシャ食材で、 夏のテーブルを彩ろう。

トマトにアーティチョークのマリネとフェタチーズをのせて。 すぐれたワインバーやレストランが隠れる穴場的な通りにあるこのギリシャ食材店、ただものじゃない。壁一面にびっしり並ぶ、トマト、ナス、オリーブなど典型的な地中海素材のペースト類、タイム風味のハチミツ、ローカルな原材料で作られる穀物類と、気になるものだらけ。 ...

Eataly Paris Marais|イタリアの味を満喫できる イータリーがオープン。

一階中央にあるイートインエリア、La Piazza。 4月12日、マレ地区にイタリアの食を一堂に集めた 「イータリー・パリ・マレ」がオープンした。イータリーは、スロー・フードの哲学をベースに、地元イタリアを始めアメリカや日本など世界13カ国で39店舗を展開。造り手と伝統製法にこだわった高品質な食品を提供し、「食...

Piero TT|P・ガニェール、パリのイタリア料理店。

 イタリアの雑誌記者をしている友人と食事に行くと、庇にPieroTTと書かれていた。東京にも店を持つピーエル・ガニェールのこのイタリア料理店は、同シェフによる魚類のレストランGayaがあった場所に秋に開店(Gayaは近くのサン=シモン通りに移転)。メトロ Rue du Bac 駅の交差点からすぐ、バス通りに...

Drogheria Italiana|イタリア惣菜にピザに。自由自在に組み合わせ。

Diavola con N'Duja ファストフードを除いては、ピザすらも10€以下は珍しいこの時代、最もシンプルなマルゲリータが13€なんてことはもはやザラにある。だからこそ、本場の人がこだわりを持って作っていて、なおかつ10€を切っていたりしたら、貴重なお店リストにすぐさま仲間入り。 店名のDrogh...

Au Bascou|バスク料理だけじゃない、3ツ星シェフの技術が光る店。

アンドゥイユとレンズ豆。 クリスマスや年末でお祝いモードの12月は、気持ちが高ぶるような食事がしたい。そんな今にぴったりで、とっておきの料理が食べられるのは、3ツ星シェフ、サンドランスのセカンドシェフを17年間務めたベルトラン・ゲヌロンが、自分の城を築きたいと開いたお店。肩肘張らない雰囲気ながらも、料理界のトッ...

il Bacaro|旬の素材を活かした、北イタリアのやさしい家庭料理。

メトロ、ヴォルテール駅のあるレオン・ブルム広場の喧騒とは無縁に、たった1本裏に入った道に、ヴェネチアに住んでいたことのあるイタリア人の友人が「料理も人も素晴らしい」と讃えたお店がある。店名のbacaroは、チケッティと呼ばれるつまみとともに軽く一杯楽しむ、ヴェネチアに特有のタパスバーのようなもの。けれどもここで...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る