北米・メキシコ料理

It RocksMOF|のシェフとパン職人が手がける、極上で安価な夢のハンバーガー。

連日の寒さが野生の本能を呼び覚ますのか、肉を食べて体力を付けたくなる。しかもかぶりつく類いのものが無性に欲しい。そうなるとハンバーガー。それにしても昨今のブームで質が向上するのはいいが、なぜ15€もするのだろう。ハンバーガーとはそんなに値の張るものではなかったはず。美味しいバーガーを安価で。ギャラリーラファイエ...

Baton Rouge|12時間マリネのスペアリブ、 その美味しさはブードゥー教の神秘。

昨今流行りのカクテルバーが次々とできたピガールの南周辺。SoHoやSoMaにならって、SoPi(南ピガール)という呼称が使われるようになってきた。カクテルバーの中には、レストラン顔負けの料理をふるまう店も少なくない。このBaton Rougeはそのなかのひとつ。店名はアメリカ、ジャズ発祥の地で知られるニューオー...

Itacate|タコス、ケサディーヤだけじゃない メキシカン軽食のオンパレード!

ルーヴル美術館のすぐ近く、サントノーレ通りにある、白にピンクが基調のポップなこのお店では、ちょっと珍しいメキシコのファストフードが食べられる。ここはメキシコ大使館、領事館御用達のケータリングサービスでも名をはせていて、料理にも信頼が置ける。 昨今のタコスブームで、タコスやケサディーヤはもうおなじみ。とはいえ、店一...

Lockwood|ブランチ、カフェ、アペロにバー、マルチに使えて、全てが一流。

アメリカンスタイルのクッキーやマフィンのコーヒーショップも、手が込んでいて独創的な洒落たカクテルバーも、ここ数年パリではブーム。けれども、モーニング、ブランチ、カフェ、アペロ、バーの全てを兼ね備えている優れものはなかなかない。それがこのLockwoodだ。モノトーンのクールな外観とは裏腹に、店内は温かみのあるウッデ...

Le Fruit à pain|ティポンシュで楽しい食事がはじまった。

暖かい春の陽気。カリブ海の料理が食べたくなり、12区にある評判の店へ。 のっけから「何を飲みますか?」とご主人のジョエルさん。グアドループ島出身のいい男。「もちろん、ティポンシュ!」。ライムと砂糖のバランスもいいし、5€にしてはラム酒もたっぷり。ひと口飲んだら海風が感じられそうで、元気が出てきた。島のダンス音楽、...

Bocamexa|寒い季節はラテンの陽気、とろ~りチーズのメキシカン。

ムフタール通りといえば、観光客呼び込み系の、高いのに美味しくないお店ばかりが軒を並べているという印象がある。そんな中でメキシコ人の店員たちが精力的に頑張っているお店がこのBocamexa。 料理は大きく分けてケサディーヤ、ブリトー、サラダの3種類。ケサディーヤは鶏のマリネ、牛のしぐれ煮、チョリソのひき肉から具を選...

Hutch|ホットドッグにかぶりつき!NYスタイルを楽しもう。

ここのところパリの至る所にできているハンバーガーショップ。美味しそうだけれど、やたらとお洒落で洗練されていて、値段もすこぶる高い。実際のニューヨークの街角で、地元っ子たちが元気に頬張っていたのは、もっと気軽で素朴なホットドッグだったなぁ、と思っていたら、それを見つけた。ここパリで。 サンドニ門を東駅方面に少し北上した...

Bagels&Brownies|気分はアメリカンベーグルでカジュアルランチ。

サンジェルマンとモンパルナスを結ぶレンヌ通りの脇道に、長蛇の行列が! 何だろうと近づくと、店内わずか5席の小さなベーグル店。美味しい店が集結するこの界隈でこれだけの人気を集めるとはかなり期待できるに違いない、と早速試してみることにした。 外で待っている間に誘惑されるのは、ショーケースの中のクッキー、ブラウニー、マ...

El Guacamole|ランチに軽食にディナーにお好みタコス。

安くて旨い穴場の店がいっぱいのランクリー通りとの角にできたこの店はタコスを専門とするタケリーアtaqueria。メキシコ料理といえば肉、米、豆がたっぷりのブリトーやエンチラーダなど重いイメージだけど、タコスはトウモロコシの生地トルティーヤに肉やサラダを挟んだ軽食。炭水化物、タンパク質、野菜が摂取できて意外にバランス...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る