コンサート

Concert : Sunside“Pianissimo”

 ジャズはライブだ。ミュージシャンの演奏にのって、ほかの客と体をゆすりながら聴くのが一番。バカンス明けを待ちながらほとんどのジャズクラブが閉まっているなか、サンサイドががんばっている。7月と8月はピアノ中心のプログラム。  17日、18日(19h/21h30。30€)は、イタリア [...]

KOKOKO !

 4年前にパパ・ウエンバが亡くなった頃からコンゴからパリにやってくるミュージシャンのコンサートがまれになった。今、コンゴの首都キンシャサではどんな音楽家がキンシャサっ子の腰をふるわせているのか大いに気になっていたら、昨年、アフリカ大陸からUFOのごとくコココの初アルバムが出現。キ [...]

3MAマリ-モロッコ-マダガスカル3つの弦楽器が醸す音世界

3月25日(水) マリ出身でコラを弾くバラケ・シソコ、モロッコ出身でウードを弾くドリス・エル・マルミ、マダガスカル出身のバリハ奏者ラジェリ。 それぞれの国の伝統的な、いずれも弦をはじく楽器の3名人からどんな音楽が生まれるのか。クリアーな音色が呼吸し合って生まれる音世界に期待がふく [...]

Esa-Pekka Salonen “Mahler Symphonie n°9”

※シャンゼリゼ劇場は、4月19日までの全ての公演をキャンセル。この公演も残念ながらキャンセルとなりました。 グスタフ・マーラーの交響曲というと、1番の『巨人』やヴィスコンティの『ヴェニスに死す』にも使われた5番にファンが多いけれど、最高傑作はやはり最後の9番だろう。たとえば第1楽 [...]

Portal & Dalberto

※シャンゼリゼ劇場は、4月19日までの全ての公演をキャンセル。この公演もキャンセルとなりました。 3月22日(日)即興ジャズ界でも一目置かれるクラリネット奏者ミシェル・ポルタルが、ブラームス晩年の名作、クラリネットソナタ作品120を演奏。共演はフランスを代表するピアニスト、ミシェ [...]
article placeholder

Festival Aix en Provence

6月30日(火)~7月18日(土) 予約開始!1948年から毎夏、南仏エクサンプロヴァンスの町で開催されるオペラ・フェスティバルの予約受付開始。モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」、ベルグ「ヴォイツェック」、リムスキー=コルサコフ「金鶏」ほか。 Tél フランス国内 : 08. [...]

Melnikov / Staier

3月1日(日)    クラヴサンやフォルテピアノの名手として知られるアンドレアス・シュタイアーと、イザベル・ファウストとのベートヴェンのヴァイオリンソナタ全集が絶賛され、来日公演も大好評だったピアニスト、アレクサンドル・メルニコフが、シューベルトのピアノ連弾曲を演奏。名曲、幻想曲 [...]

フランス若手ジャズピアノの期待株、フレッド・ナルダン。

Fred Nardin 2月18日(火)、19日(水) フランス若手ジャズピアニストの期待株はフレッド・ナルダン。最新アルバム『Look Ahead』はトリオで、そのスイング感は本物。それもそのはず、バックは米国勢で、ベースにオル・バレケット、ドラムスには名手レオン・パーカー。2 [...]

Roberto Alagna アラーニャ、カルーソに捧げるリサイタル。

2月6日(木)  昨秋バスチーユでドン・カルロでファンを酔わせたロベルト・アラーニャ。9月にはスタッド・ド・フランスで『カルメン』のドン・ホセを歌うなど、話題に欠かないフランスの国民的テノール歌手だ。  今回はシャンゼリゼ劇場で、19世紀後半から20世紀にナポリで活躍した伝説のテ [...]

天才クラウス・マケラ、ラジオ・フランス・フィルを指揮

3月6日(金) Klaus Mäkelä 弱冠24歳でオスロ・フィルハーモニーの首席指揮者という天才クラウス・マケラがフランス放送フィルハーモニーを指揮する。 やはりフィンランド出身のエサ=ペッカ・サロネンのチェロ協奏曲(チェロはトルルス・モルク)のあとに、シベリウスの交響曲第1 [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る