ニュース

モスクで襲撃事件

10/28 フランス西南端バイヨンヌのモスクで、男が入口に放火し、モスクから出てきた男性2人に発砲して重傷を負わせた。 容疑者はクロード・ザンケ容疑者(84)で、2015年の県議会選挙に当時の国民戦線党から立候補したことがある。パリ・ノートルダム寺院の火事をムスリムによる放火と決めつけ、「仕返しにモスクを燃やそ...

大学生の経済的困難、全国で抗議行動に。

学生の抗議行動を報じるニュースチャンネルFrance24。スクリーンショット。 大学生による、経済的窮状を訴える抗議活動が全国に広がっている。発端となったのは、リヨン第2大学で政治学を勉強する大学生アナス・Kさん(22)の焼身自殺未遂。経済的に厳しい生活を送り、学生の経済的困難を訴え「マクロン、オランド、サルコ...
article placeholder

家族介護者への支援策

10/23 フィリップ首相とビュザン保健相は高齢者や障害者の介護をする家族への支援策として来年から3年間で計4億 ャを供出するとした。フランスには家族を介護する人が1千万人前後おり、就労者の6人に1人に上る。政府は国会審議中の社会保障予算案に、こうした介護者に1日52 ャの手当を3ヵ月間支給することを盛り込む予定...
article placeholder

GE新再建案に社員合意

10/21 米ゼネラル・エレクトリック(GE)の仏東部ベルフォール工場の従業員会は新リストラ案に合意した。GEは5月末に仏国内のガス発電関連事業で1044の雇用削減を明らかにしていた。ベルフォールでは792人の削減が予定されていたが、ルメール経済相の介入により、GEは年間1200万 ャの節減策を従業員が受け入れる...
article placeholder

国鉄の無予告ストに批判

10/18 仏国鉄(SNCF)労組の予告なしのストで万聖節休暇初めの18〜20日の3日間、ダイヤが大幅に乱れた。地方急行列車(TER)は全国平均で75%が運休、パリ首都圏の列車や超高速TGVでも運休や遅延が出た。労組は16日に北部で起きたTERの衝突事故時に運転手一人の乗務では対応が困難だったとして、危険な状態の...
article placeholder

バルカニ市長、再び有罪

10/18 ルヴァロワ・ペレ市のパトリック・バルカニ市長とイザベル・バルカニ第一助役は脱税資金洗浄罪でそれぞれ禁固5年と4年の刑を言い渡された。夫妻は2007〜14年にアンティル諸島とモロッコの別荘など1300万€相当の資産を申告せず、別荘はパナマのダミー会社の所有と見せかけていた。モロッコの別荘はルヴァロワ・ペ...

非暴力で絶滅への反抗を表す「エクスティンクション・リベリオン」

数カ月前からフランスのメディアで話題になっている「エクスティンクション・リベリオン」(以下略してXR)。気候変動に対して行動を起こすことを政府に要求する非暴力の抵抗運動だ。要求内容は、「気候と生物の緊急事態を宣言し、真実を伝えよ」「生物の多様性の喪失を即座に止め、2025年までに排出炭素をゼロにせよ」「市民議会を設置し、そこで決議された気候とエコロジーについての方策を実行せよ」だ。...
article placeholder

生命倫理法、国民議会可決

10/15 生命倫理法案が賛成359、反対114、棄権72で国民議会で可決された。議論の的だった女性カップルや独身女性の生殖補助医療(PMA)が認められたほか、従来は病気などで不妊症になる恐れのある女性のみに許可された卵母細胞の冷凍がより広く認められるようになる(条件は未定)。また、人工授精で誕生した子は成人する...
article placeholder

ジャコブ氏が共和党総裁

10/13 共和党総裁を選ぶ党員投票が行われ、国民議会共和党会派代表のクリスチャン・ジャコブ氏が62.58%の得票率で第2回投票を待たずに選出された。投票率は47%。ジャコブ氏はシラク政権下で公務員相などを務めた重鎮。与党 「共和国前進」への流出や欧州議会選の大敗で弱体化した党を再建する意欲を見せ、春の市町村議会...
article placeholder

スカーフ議論が再燃

10/3 ムスリム女性のスカーフについての議論が再燃するなか、ブランケール教育相はスカーフ着用は違法ではないが、「社会的に望ましくない」と発言し、左派などから非難の声が上がった。発端は11日、ブルゴーニュ=フランシュ・コンテ地域圏議会を見学に来た小学生グループの付き添いの女性に対し、極右の国民連合党議員がスカーフ...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る