ニュース

article placeholder

AF、3年で7580雇用削減

7/3エールフランス(AF)社はコロナ禍のため、2022年末までに7580の雇用削減を行うと発表した。AF本体では21年末までに定年退職と希望退職半々で6560削減。短距離の格安路線子会社「オップ!(HOP!)」では2400人のうち1020の削減となり影響は大きい。4月にAFに7 [...]
article placeholder

デパケン問題で国に責任

7/2パリ郊外モントルイユの行政裁判所は、てんかんや躁うつ病の治療薬「デパケン」による障害児出生問題で初めて国の責任を認め、3家族に2万~29万€の賠償金を支払うよう国に命じた。妊婦のデパケン服用は子どもへの奇形や自閉症などのリスクがあり、1.6万〜3万人の子どもが障害を負った。 [...]
article placeholder

パリ郊外、治安警察隊解散

7/2セーヌ・サンドニ県の治安介入警察隊(CSI)が隊員4人の不祥事を受けて解散された。4人は麻薬ディーラーを偽の容疑で逮捕するなどして脅して金をゆすり取った疑いが持たれており、文書偽造と暴行罪で被疑者となった。この件は2019年6月にサントゥアンの若者2人の告訴を受け国家警察監 [...]
article placeholder

大統領、国民投票を約束

6/29 マクロン大統領は気候市民会議に参加した市民150人を大統領府に招き、今年~来年に環境問題に関する2つの国民投票を行うと約束した。一つは憲法第1条に「国は生物多様性と環境を保護し、気候悪化と闘う」と挿入する同会議の案。2つ目は会議の提案から近くテーマを選択するとした。14 [...]
article placeholder

フィヨン元首相、禁固5年

6/29パリ軽罪裁判所は妻を国会議員秘書として架空雇用した罪で、フィヨン元首相に禁固5年(うち収監2年)と37.5万€の罰金、10年の被選挙権剥奪を言い渡した。フィヨン夫人を同じく架空雇用したマルク・ジュロー氏と夫人自身には執行猶予付禁固3年の刑。夫妻は控訴した。1981~201 [...]

カステックス新内閣。スター弁護士、バシュロ元保健相など起用。

 3月7日、大統領府にてカステックス内閣の新しい顔ぶれが発表された。ドリアン外相、ブランケール教育相、ルメール経済金融相、 ヴェラン保健相、パルリー軍事省、ヴィダル高等教育相らは同じポストを続投する。 注目の抜擢は、スター弁護士エリック・デュポン=モレッティ氏。トゥールーズのユダ [...]
article placeholder

「気候市民会議」149の提案。

 マクロン大統領の率先で昨年8月に設置された「気候市民会議」が、149の提案を採択し、6月21日、ボルヌ環境相に提出した。抽選で選ばれた市民150人が提案する気候変動防止対策は、高速道路の制限時速を130kmから110km、CO2多量排出車は、市街地進入を禁止したり新車販売を20 [...]

フィリップ首相辞任、新首相はカステックス氏に。

7月3日、エドゥアール・フィリップ首相と内閣が総辞職し、マクロン大統領はジャン・カステックス氏(55)を新しい首相に指名した。新内閣の組閣は来週に発表される。カステックス氏は現政権では、パリ五輪に関連する省庁の調整役、また、ロックダウン解除の調整役を担ってきた。  フランス南西部 [...]
article placeholder

フォション会社更生手続き

6/23高級食品フォション社は、パリの3店舗と本社について会社更生の手続きを申請した。同社は黄色いベスト運動やコロナ禍により業績が悪化したため今後は国内外のフランチャイズ店やパートナーとの関係強化に努めるとした。また、携帯電話ノキア・フランスは、国内の複数の拠点で1233の雇用削 [...]
article placeholder

4警官が暴行で被疑者に

6/232018年12月の黄色いベスト運動のデモの際、デモ参加者に暴行を働いた治安部隊員4人が22日に身柄を拘束され翌日被疑者とされた。デモ参加者約30人が催涙弾を逃れてパリのファーストフード店に入ったのを治安部隊が警棒で何度もなぐった事件で問題視されていた。また、今年1月に逮捕 [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る