舞台・映画

Yalda, la nuit du pardon|映画の収益を死刑囚の解放運動に使った。|マスード・バクシ監督インタビュー

 テヘラン、ヤルダ(冬至)の日の夜。罪人が被害者家族から赦しを乞うリアリティ番組の収録が始まる。登場するのは夫を事故で殺したかどで死刑判決を受けた22歳の妻。好奇の目に晒(さら)される彼女の運命とは。監督は本作で長編フィクション2作目となるマスード・バクシ。サンダンス映画祭審査員 [...]

Clignancourt Danse sur les Rails

9月18日(金)〜20日(日)  様々な文化施設が誕生し、賑わうプチット・サンチュール(かつてのパリの環状電車の線路跡)で屋外ダンス・フェスティバル。La Petite Ceinture Nord (110bis rue du Ruisseau, Paris 18e) 無料。18 [...]

『Effacer l’historique 』半永久的に残るネット上の記録

「地震、雷、火事、親父」は世の中の怖いものを並べた言葉。「親父」は「家父長制」を指すという。だが、今や“家の長”たるオヤジのめっきはかなり剥がれた。その代わり、新しい形の恐怖が私たちを脅かし続ける。そのひとつがデジタル社会。常時接続の生活ではネット上こそが現実だ。ここで失敗をした [...]

Etrange Festival 26e édition 「観客を驚かせる映画」が集結。手塚眞、鈴木清順作品も。

Etrange Festival 26e édition9月2日(水)〜13日(日) 「観客を驚かせる映画」が集結するパリの人気映画祭、エトランジュ・フェスティバル。今年で26回目。 コロナ禍で座席数を6割にして開催。コンペを筆頭にドキュメンタリー、短編部門、マルジャン・サトラピ [...]

ヴェルナー・ヘルツォーク監督の見た日本「ファミリー・ロマンス社」

 『アギーレ/神の怒り』(1972)や、『フィッツカラルド』(1982)など壮大なスケールの作品で人間の欲望を描いたヴェルナー・ヘルツォーク監督(1942-)。この8月、監督が自らカメラを手に東京と青森で撮影したという『ファミリー・ロマンス社 / Family Romance,  [...]

シャトーの庭園で、星空シネマ。『007 美しき獲物たち』

 この夏はドライブ・インや、ブルジェ空港での屋外上映、ヴィレット運河に浮かぶボートに乗って鑑賞する水上シネマなど、屋外上映が大人気。次なるは、シャンティイ城の庭園でのシネマ。それも、シャンティイ城もロケ地となった『007 美しき獲物たち』(1985)の上映会。 同作品はロジャー・ [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る