Ovni | Numéro 448

浮き出る ドストエフスキーの世界 L’idiot, derniere nuit

《脚本》−この芝居で描かれるのは『白痴』の全てではなく、二人の男の会話を通して現れる「美しい」ナスターシアの存在である。一人は彼女を知っており、彼女の写真を持っている。もう一人は彼女を知らないが、写真の彼女の美しさに捕わ […]

パン屋さんのお菓子たち

bûcheは薪 (たきぎ) のことだが、薪の形をしたノエルのケーキもbuche。ロールケーキの表面にクリームが木の皮状に絞ってあってムラングのキノコや小人がのっかっている、大小さまざまの薪がパン屋さんのショーウインドーに […]

英仏 “牛肉戦争” 終結?

 狂牛病問題による3年間の英国産牛肉の輸出禁止が 8月1日に解除され、バカンス明けには堰を切ったようにフランスにも英国の肉が押し寄せてくると思っていた。  が、実際には欧州科学委員会が英国産牛肉の安全性を認めたにもかかわ […]

黒沢清監督インタビュー

「1997年、パリのFestival d’automne で『CURE』を上映した時が、僕の映画をフランスの方に観てもらった最初の機会でした。僕はすでに20本近い映画を撮っていたので、日本にまだこんな映画監督 […]

“フランスのヒデ”

ついに登場!! 446号の「読者から」の手紙の反響にお応えして、フランスのナショナルリーグで活躍する唯一の日本人サッカー選手 “フランスのヒデ” こと新居秀元 (にい ひでもと) くん、本人の登場 […]

素材が語る布。 Anni Albers展

 アニー・アルバースは、存命なら今年でちょうど100歳。彼女は、1922年にバウハウスに入り、バウハウスが閉鎖される1933年まで制作を続け、その後、夫で画家のヨーゼフ・アルバースと米国に移住する。バウハウスのテキスタイ […]

C’est pour très bientôt

Plus qu’un mois avant l’an 2000. Le compte à rebourd se rapproche de la

「ナージャの村」

「ナージャの村」、それはチェルノブイリの北東一七○キロの所にある、八歳のナージャが生まれ育ったドゥヂチ村だ。あの忌わしい原発事故が起きる以前は三百所帯が大自然のふところで平和に暮らしていた。しかし今、大地が半永久的に核に […]

教会に荘厳なオルガンが響きわたる。 Saint-Eustache教会ほか

 毎年クリスマス前に行われるFestival d’Art sacre、今年で22 回目を迎える。パリ中心部の教会9カ所で、コーラスや合奏など様々なコンサートが催される。  レ・アールにあるサン・トゥスターシュ […]

冬は文学賞の季節。

●Je m’en vais, Jean Echenoz editions de Minuit, 1999 : Prix Goncourt  地図で北極はなかなか見づらい。それは世界地図の上部にある直線であるか […]

(南)が推薦する12月のシャンソン。

★★★★Ute Lemper “De Weimar a Paris”恵まれた容姿と強靭な喉。歌、演技、 踊りと揃った抜群のパフォーマンスで世界中のコンサート・ホールを魅了するウテ・レンパーの優雅で […]

2週間のニュース

OVNI 448 : 1999/12/1 ●刑務所で自殺が増えているOIP ( 国際刑務所監視局) のフランス代表は、今年初めから11 月5日までにフランスの刑務所内で服役中の111人が自殺を遂げており、1996年の記録 […]

干しスモモの甘さを生かしてウサギを煮る。 Saute de lapin aux pruneaux

 なぜか料理のレシピでは鳥volaillesの項に入っていることが多いウサギ、秋が深まるにつれ脂がのってうまくなる。背中の肉がこんもりと盛り上がったものを1羽 (?) 買ってくるのだが、肉屋さんに切り分けてもらいましょう […]

アルザス★★★Schmid

アルザスへの玄関になっている東駅のそばにあり、パリに住むアルザシアンにはよく知られたお店です。お勧めはなんといっても種類の豊富な豚肉加工品 charcuterie。パンに塗って食べるアルザス風リエットといった感じのsau […]

ジャン・グラヴァニさん Jean Glavany 英国からの牛肉輸入禁止措置の維持を主張してきた仏農相。

“C’est un sportif, il préfère que la France gagne” —”Sa franchise plaît aux paysans.

Fusion — 新しい感覚の中華料理が食べられる。

 顔見知りのリューさんが若い中国人の仲間と、新中華料理nouvelle cuisine chinoiseレストランを最近オープンした。フュージョンという店名にふさわしく、料理のアイデア、盛り付け、インテリアにひと味違った […]