Ovni | Numéro 790

和風パリジェンヌ:COCO子 -4-

アジサカ・コウジのマンガをもっとご覧になりたい方は、こちらのリンクからどうぞ。www.azisaka.com/blog

国威は外国車に乗って。

 7月14日の革命記念日にシャンゼリゼ大通りで行われる軍事パレードは、フランスの威信を国内外に示す一大イベントだ。大空に煙幕で三色旗を描く戦闘機や、一糸乱れぬ兵士たちに、国民としての誇らしさを感じる人も多い。しかし、今年 […]

パルルドの酒蒸し

 Palourdeというアサリそっくりの貝が、キロ20ユーロ前後で出回っている。そっくりと書いたけれど、このパルルド、1970年頃に養殖用に日本から移入されたアサリなのです。それがブルターニュの海岸一帯で急速に自然繁殖し […]

ボルドーワインの広告 破棄院が承認

破棄院は7月1日、ボルドーワイン組合の広告がアルコール摂取を奨励する広告を禁じるエヴァン法に反するとする全国アルコール等中毒予防協会(ANPAA)の上訴を退ける判断を下した。問題の広告は、ワイングラスを手にした人とワイン […]

まちかど写真:男も女も花盛り

スニーカーもお花です。 パリ市内あちこち

7月のチーズ:Mimolette

ミモレットは、フランス北部で牛乳から作られている非加熱圧搾タイプのチーズで「Boule de Lille」とも呼ばれる。そのオレンジ色は、ルクーという植物の実からとられた着色剤によるものだが、盛り合わせに加えると映える。 […]

文化ヒカク:日仏スポクラ事情 7月15日号

文・もたい ようこお手本の意味はいかに?  世界70カ国以上、約12,000クラブで展開され、およそ週500万人が参加しているという、レスミルズプログラムというのがある。10アイテムあり、格闘技系有酸素運動ボディコンバッ […]

イスラム過激派のテロと思われる襲撃事件に言及

「 この戦争に負けるわけにはいかない。突き詰めれば文明戦争なのだから 」 6月28日、ヴァルス首相はラジオのインタビューで、26日にフランス、チュニジアで相次いだイスラム過激派のテロと思われる襲撃事件に言及し「文明戦争g […]

しょっぱい音符 7月15日号

文・向風三郎象徴の森のブラックバード、オーレリアン・メルル。  メルルは黒ツグミ。姿こそあまり美しくないが、えも言われぬ美しい声で鳴く。ビートルズの 「ブラックバード」、シャンソンの 「さくらんぼの実る頃」に歌われたおし […]

料理は仕事以上のもの。

石田克己さん(52歳) 「僕はリヨンで店をやっていまして」と、パリのとあるレストランのテラスで石田さんに言われたのはずいぶん前、以来気になっていた人だった。フランス料理のきらびやかさ、ヌーヴェル・キュイジーヌの立役者の一 […]

Amy:Asif Kapadia

『AMY』は、2011年7月23日、27歳で夭折したシンガーソングライター、エイミー・ワインハウスの短い一生を振り返るドキュメンタリーだ。今年のカンヌ映画祭のミッドナイト上映で初披露され話題を呼んだ。フランス公開(7月8 […]

暑気も吹っ飛ぶ、南ア風のバーベキュー。

Boerewors + Pap & Chakalaka  暑い日が続くと食欲もげんなり。そんな時には思いきって暑い国の料理はどうだろう。未知の料理のオンパレードには、ちょっとした旅行気分も味わえること請け合いで […]

チョリソの辛さが移ったハドックがうまい。

矛盾の日。

6月24日付、リベラシオン紙とディレクト・マタン紙。  「XはYの知られたくないことをあれこれ詮索してはいけない」という命題は、しごく当たり前の倫理と論理だ。たとえば、バスの中で吊り革につかまって、ふと外の景色が気になっ […]

Louis Soutter Victor Hugo – Dessins parallèles

 3年前、パリのメゾン・ルージュでの個展が大評判だったスイス人アーティスト、ルイ・ステール(1871-1942)。その人生は小説になりそうなほど面白い。教養ある中流家庭に生まれ、音楽、建築、美術を学んだ。アメリカ人留学生 […]

近代建築の名作、 カヴロワ邸を訪ねる。

北の都リールの郊外クロワに、1932年に完成した邸宅「ヴィラ・カヴロワ」がある。 建築家ロベール・マレ・ステヴァンスが設計した、このとてつもなく大きな家は、近代建築の名作として知られています。 1990年歴史的建造物の指 […]

UberPOP:フランスでの事業停止

ティボー・サンファルUberフランス社長は、一般人が自分の車で営業するUberPOPの事業を同日20時に一旦停止するとした。同社長は、運転手の安全性のため、仏政府との協議のため、UberPOPサービスを禁止するテヴヌ法の […]

OVNI 790

OVNI 790 : 15/07/2015 ダウンロード

カナル・プリュス騒動:ギニョールは続行

7/3有料テレビ「カナル・プリュス」の親会社ヴィヴァンディのヴァンサン・ボロレ会長は、人形劇で時事問題を風刺する人気番組「レ・ギニョール・ド・ランフォ」を続行すると企業委員会で明らかにした。ただし、番組形式や放映時間は変 […]

ギリシャ国民投票:さらなる緊縮財政に「ノー」

7/5ギリシャ債務の債権者である欧州金融安定化基金(EFSF)、欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)などが提案する、さらなる緊縮財政案を受け入れるか否かの国民投票で「ノー」が61.3%で勝利した。この提案は年金 […]

展覧会情報:7月15日号

© Roland Topor,ADAGP Paris 2015. Photo Widmer Fluri 8月14日(金)まで Les Cahiers Dessinés素描家で作家のフレデリック・パ […]

アトリエ・舞台:7月15日号

7月22日(水)、29日(水)Atelier Hip Hop 日本でも話題のヒップホップ。セーヌに浮かぶペニッシュのデッキで、ダンスグループのメンバーが、ブレークダンス、武道ダンスなどを指導。7歳以上〜大人向。17h-1 […]

便利情報:7月15日号

8月16日(日)までDézonage Navigo地下鉄・RER・バスのチャージ式定期Navigoは区間(zone)が2〜5まで設定されているが、8月16日まで、どの区間の定期でもRERの終点まで行くことが […]

マリーヌ・ルペンFN党首 地域圏選挙出馬を表明

6/30マリーヌ・ルペン国民戦線党(FN)党首は12月に行われる地域圏議会選挙でノール・パ・ド・カレー=ピカルディー地域圏のFNリストを率いることを表明した。2014年の欧州議会選と15年の県議会選ではFNはこの地域でそ […]

シーフランス社員:カレー港を封鎖

6/30カレーと英ドーバーを結ぶMyFerryLinkを運航するシーフランス社の従業員がカレー港を封鎖する抗議運動を開始した。この影響でユーロトンネル近くの高速道路で大きな渋滞が発生し、ユーロスターも一時的に運休した。同 […]

8嬰児殺しの女性:禁固9年の有罪判決

7/2ノール県重罪院は1994~2007年の間に産んだ自分の8人の嬰児を殺害したとして、ドミニック・コトレズ被告(51)に禁固9年の有罪判決を下した。禁固18年の求刑に比べて軽い判決に、「犯行時の被告の判断力低下が認めら […]

イベント情報:7月15日号

7月26日(日)Tour de France 20157月6日ユトレヒトを出発し、3360kmを走ったサイクリストたちがシャンゼリセにゴールする。17h30〜19hくらいの予定。 7月17(金)〜19日(土)Rencon […]

映画情報:7月15日号

7月22日(水)〜8月23日(日)En plein air à La Villetteヴィレット公園の屋外上映(無料)。日没から(22h30前後)上映開始。毛布レンタルは7€。 7/22(水)T […]

イゼール県の首切り殺人:イスラム過激派テロか?

6/26イゼール県サンカンタン・ファラヴィエの化学工場(Seveso社)に男が車で突っ込んでガス爆発を引き起こし、同社社長(54)を斬首首する事件が発生した。首はイスラム信仰の文句が書かれた布に巻かれていた。逮捕されたヤ […]

パスクワ元内相死去:享年88歳

1980~90年代にシラク、バラデュール内閣で通算4年間内相を務めたシャルル・パスクワ氏が脳梗塞のためパリ郊外オー・ド・セーヌ県の病院で亡くなった。享年88歳。同氏は16歳でレジスタンスに加わり、生涯通してドゴール主義者 […]

60年ぶりの猛暑:47県が警戒レベル3に

6/296月末としては1952年以来の猛暑がフランスのほぼ全国を襲った。29日には26県、30日には40県、7月1日には47県に猛暑警戒第3レベル(オレンジ)が出され、パリでも最高気温が40度に達した。3日からは水分補給 […]

音楽イベント情報:7月15日号

7月16日(木)〜18日(土)FNAC LIVE今、話題のミュージシャンが勢揃い。パリ市庁舎前広場。無料。7/16(木)20h   クリスティーヌ&ザ・クィーンズ、  セラ・スー他。7/17(金)18h  ジャン […]

Tom Harrell

 トランぺッターのトム・ハレルがやって来る。流れるようなフレージング、しなやかなタイム感、ふくらみのある美しい中音域、直接心に訴えかけてくるようなメロディーライン…を聴くことができる。27歳から数年、ホレス・ […]

Jeanne Added “Be Sensational”

ジャンヌ・アデッドを聴かなくてはいけないよ!が、最近のボクの口癖。ランス生まれ、34歳の歌手の処女アルバムのとりこなのだ。Trans Musicalesフェスで話題をさらったのも当然の、圧倒的なレベルの高さ!タイトル曲を […]