晩秋の墓地を訪れて、墓碑銘を〈読んで〉みよう。

アクセス・本

●ペール・ラシェーズ墓地
Cimetière du Père Lachaise
16 rue du Repos 20e M°Père Lachaise
11月6日-3月15日:月~金8h-17h30 、土8h30-17h30、日祝9h-17h30。
3月16日-11月5日:月~金8h-18h 、土8h30-18h、日祝9h-18h。
ガイド付き見学は、毎週土曜日の14h30、中央の入り口脇に集合。予約は必要なし。広いし、上り下りが多いので、歩きやすい靴で。ガイドマップは受付で手に入る。www.pere-lachaise.comからダウンロードも可。

●モンパルナス墓地
Cimetière Montparnasse
3 bd Edgar-Quinet 14e  M°Edgar-Quinet
11月6日-3月15日  月~金8h-17h30 、土8h30-17h30、日祝9h-17h30。
3月16日-11月5日  月~金8h-18h 、土8h30-18h、日祝9h-18h。

●ロシア正教会墓地
Cimetière et l’Eglise orthodoxe
8 rue Léo Lagrange, 91700 Ste-Geneviève-des-Bois  01.6015.1140
3月-9月8h-19h 、10月-2月8h-17h

●動物の墓地
Cimetière des chiens
4 pont de Clichy, 92600 Asnières-sur-Seine
M°Asnières-Genneviliers
10h-16h30。3€/1€。

●Au Père Lachaise, son histoire,
ses secrets, ses promenades
副題どおり、ペール・ラシェーズ墓地の歴史から、さまざまな逸話、有名人の墓巡り、墓地に埋めてもらう時の費用まで、盛りだくさん。特に面白いのは、”L’Erotisme funéraire”の章だが、これは読んでからのお楽しみだ。

●Feu à volonté, épitaphes inédites
“épitaphe”は墓碑銘のこと。墓地を回って気づくのは、ほとんどが遺族や友人たちが考えたもので、悲痛なものがほとんどだ。生きているうちにこの本の中にあるようなユーモアがあって元気がいい墓碑銘を自分で選んでしまうのはどうだろう。「選択の余地はなかったんだ。こうなるか生き続けるか、だからね」、「ノーフューチャー!」、「死ぬことで、ボクは自分が一番好きだったやつをなくしてしまった」。そして家族や友人たちが陽気に飲んで、悪口を言ってもらうためのお金くらいは遺してあげようかな。

1 2 3 4 5 6 7 8

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る