Ovni --| Numéro 784

しょっぱい音符 4月15日号

HK & Saltimbanks "Rallumeurs d'étoiles"  (4月20日リリース)「フクシマ・モナムール」と歌うシュティの国のプロテストシンガー。 HK(アシュカ)は本名をカドゥール・ハダディと言い、1976年フランス北部ルーベ(ノール県)生れのフランス人音楽アーチストである。アルジ...
article placeholder

赤信号をいつも守るとは 限らない人

78% 最近、保険会社の大手AXAがイル・ド・フランスで車を運転する人1500人を対象に行った調査によると、赤信号をいつも守るとは限らない人が、なんと78%という怖い数字が出た。携帯電話を運転中に使用する人は40%、SMSをチェックする人は24%。どちらも交通事故の確率が3倍、23倍増加する。...

いつも料理とワインのことを 考えている

手島竜司さん(38歳) 「とにかく自立したいという気持ちが強かった」から、包丁も握ったことのない手島さんは19歳の時に故郷熊本のフランス料理店へ飛び込み、その世界への遠さを実感し、深さに没頭していった。パリへ来るまで、パリへ来てから昨年の9月に店を開くまでの道のりは長かった。熊本で世話になったシェフなど自分の先輩た...
article placeholder

モリー・デュクロ、 ついに倒産

 パリ郊外ボビニーの商事裁判所は3月31日、国際宅配業モリー・グローバル社(旧モリー・デュクロ社)の清算を宣告した。4月末付で2150人の従業員が解雇される、近年でも大規模な雇用喪失となった。2014年に4300万ユーロの純損失を計上した同社は、すでに2月に会社更生を申請していたが、買取先が見つからなかった。競争の激し...

La Marée Jeanne|話題の魚料理専門店は〈引き潮〉が狙い目。

バルザックが愛したAu Rocher de Cancaleなど、歴史あるレストランや食品店が軒を連ねるグルメな商店街、モントルグイユ通り。この近くにオープンした魚料理の専門店が話題だ。 内装やメニュー、スタッフのユニフォームなど、すべて海を感じさせる色やデザインで、いやがうえにもバカンス気分が盛り上がる。この店は...

ムール貝の酢味噌和え

 これから月一回、フランス人の食卓によく登場する食材を使って和風に料理したら、という連載です。材料の量はあくまで目安です。それぞれの家庭の、お好みの味で作ってください。 最初はムール貝の酢味噌和え。Moules de bouchotと呼ばれるカシやクリの木の杭で養殖されているものがほしい。まずムール貝のひげを引っ張って...

浮気はよくても、 人道支援はダメ?

 かつて各国のテレビコマーシャルを紹介して人気を博した番組があった。広告はその国ごとの常識やモノの考え方がわかるので面白い。 最近も「浮気専用」と銘打った出会い系サイトの広告をパリの地下鉄の駅で見て、「さすがフランスだ」と妙に感心した。もちろん、電車通学の子供たちもおり、眉をひそめる父兄もいた。 4月3日、RATP (...
article placeholder

文化ヒカク:日仏スポクラ事情 4月15日号

我欲す故に我が場所あり? 限られた国土で生活を営む上で必要なものは、協調性=和。そして、これに反すれば村八分となるのが昔からの日本社会。 一方、広大な大地に、多民族や多宗教が混在し、各々の軋轢(あつれき) の上で互いのやり方を認め合い、生活を営むしかないのがヨーロッパ大陸の中にあるフランス。 《ここからここまでが自分の...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る