いつも料理とワインのことを 考えている

手島竜司さん(38歳)
「とにかく自立したいという気持ちが強かった」から、包丁も握ったことのない手島さんは19歳の時に故郷熊本のフランス料理店へ飛び込み、その世界への遠さを実感し、深さに没頭していった。パリへ来るまで、パリへ来てから昨年の9月に店を開くまでの道のりは長かった。熊本で世話になったシェフなど自分の先輩たちが学んで伝えてきたことをバトンとしてもらった。自分の世代はこのバトンを次に渡さなければと考えている。また日本人といえば「魚」だと思われがちだが、日本人にだって肉がわかるのだ、と手島さんは有名な精肉店デノワイエで数年間休みの日に肉を一から学び、今では選ぶことから熟成、そして調理までに力を入れる。手島さんがパリで開いた1ページ目ともいえる最初の店、Pagesにはメニューがない。お客さんすべてにひとつだけの日替わりコースを食べてもらうからこそ、毎日「美味しい」ものが提供できる、と信じる。12年前にフランスへ来て、手島さん曰く「雑草のように」あちこちで働きながら生きてきて、時代が変わったことを痛感した。先輩たちが学んで日本へ持ち帰ったフランス料理というのはこの国、フランスにはすでに存在しない。今は見た目や飾り付けが斬新で奇抜な料理もあるけれど、結局 「美味しい」の追求こそを自分は求めていたのだとふっと気づく。その時に自分の店を開けたのはよかったし、今が楽しくてしかたない、と手島さんは語る。(海)

インタビュー全文:

続きを読む


PAGES Teshi

Adresse : 4 rue Auguste Vacquerie, 75016 paris
TEL : 01.4720.7494
URL : http://www.facebook.com/pagesparis
火〜土 12h-13h30 / 19h30-21h お昼のメニューは40€と65€、夜は80€