労働法案への抗議運動続く

6/3
近く上院で審議される労働法改正法案に反対するCGTなど労組の抗議運動が依然続いている。6月3日時点で、8つの製油所のうち6つが操業を縮小しているが、政府によると、石油製品不足で休業するガソリンスタンドは全国でわずか5%。また、 送電所の占拠により、サンナゼールの12万5千戸で2日に1.5時間ほど停電した。さらに、仏国鉄(SNCF)の労組が労働時間・勤務体系の改善を求めて1日から無期限ストを行っており、一部の労組は経営側と合意したがストは続行。多数の列車が運休している(9日現在)。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る