3女性がボーパン氏を告訴

6/2
2011~14年にセクハラと性的暴行を受けたとして3人の女性がドニ・ボーパン=ヨーロッパ・エコロジー=緑の党(EELV)国民議会議員を告訴した。訴えたのはイザベル・アタール国民議会議員、サンドリーヌ・ルソーEELV広報官ら3人。この疑惑は5月9日と30日にメディアで13人の女性の証言が報道されて問題になり、ボーパン氏は9日に国民議会副議長を辞任。同氏は6月1日になってメディアで疑惑を否定し、「誘惑ごっこ」にすぎないと発言。パリ検察局は予備捜査を開始した。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る