「脱イスラム過激化」 報告書が対策提案

7/16
セバスチャン・ピエトラサンタ国民議会議員(社会党)は、イスラム過激思想に染まった若者の「脱過激化」ための37の対策を提案する報告書を政府に提出した。報告書は、過激派思想に感化されてシリア渡航を計画するざ若者を家族らが通報するためにすでに設置されているフリーダイヤルを有益と評価し、そうした通報事例のリスト化、家族への支援態勢の確立、当人への精神的ケア、社会復帰支援などを提案。さらに、刑務所においては過激化の度合いに応じて収監場所を分け、各人にメンターを付けて家族との話し合いのなかで過激派思想からの脱却と社会復帰を図るデンマーク方式も提案。