ロマ人問題で、また政府に不協和音

 ヴァルス内相が9月24日にラジオ番組で、「ロマ人の生活様式はフランス人と非常に異なるため同化は困難であり、ロマ人のキャンプ問題は、キャンプを解体して強制送還する以外に方法はない」と発言した。これを受けてデュフロ住宅相は26日、ヨーロッパ・エコロジー=緑の党(EELV)の会合で、「出身を理由に同化できないと言うのは共和国の原則に反する」と激しく非難した。左翼戦線も内相の発言は極右と同じと非難するなど議論が沸騰。内相は住宅相の批判を「耐え難い」として泥仕合の様相を呈してきたため、エロー首相はメディアで発言する際は事前に首相の了解を取ることを各閣僚に通達した。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る