Ovni --| Numéro 751

今が食べどき◎magret de canard

 そろそろ野禽(やきん)gibierのシーズンが始まる。 市販されているカモの胸肉magret de canardのカモは、野生ではなく、フォワグラ用に丸まると太らされてしまったカモ。野生でなくとも、秋が深まってくるにつれ脂がのっておいしくなる。皮の下の脂肪がとても厚いから、始めから皮ごととってから調理するのも手だし、...

Tien Hiang|肉? 魚? これは何?!衝撃のベジタリアン料理

ベジタリアンと聞くと、肉も魚も食べる者にはなんとも味気ない料理の印象があった。そう、この店を知るまでは。 一見その辺の中華と変わらない外観に「ベジタリアン」の表記。ところがメニューを見ると、牛だの鶏だの書いてある。いぶかしく思いつつも、そもそもベジタリアンではないのであまり気にもせず、おすすめらしいマレーシアのS...

私たちの辞典ができた!

Robert Laffont社。 30€。 10月2日夜、ヴァンセンヌの森の入り口、Porte Doréeにある国立移民歴史記念館で『フランスをつくった外国人辞典』の刊行記念イベントがあった。表紙を彩るキュリー夫人、ダリ、ピカソ、ジョゼフィン・ベーカー、ベケットなどの顔写真。外国出身ながらいろいろな分野でフラン...

絵本&児童書を3冊

Ed. La Joie de lire 14.9€。 今回は動物と人との関係をあらためて考えさせられる絵本&児童書を3冊紹介。 ①KAKO le terrible 主人公は愛らしいカバと飼育係。この絵本(エマニュエル・ポラック作/バルー画)の表紙は、一見ほのぼのとした印象を与えるが、実は物語は容赦ない。1903年...

「フランスの華やかさに惹かれて」

この夏に出版した初心者向けのフランス語の表現集。◎浅見子緒(ロンドン4年、アンジェ1年、ホーチミン3年) 浅見さんは、父親の仕事の関係で8歳からイギリスに住んでいた頃、家族旅行で何度かパリに行くことがあった。まだ小さかった浅見さんには、パリの風景がとても華やかに見 えた。パン屋さんにはいろいろなお菓子も並んでいて、きれ...

Carte Blanche|発見の多い料理をリーズナブルに堪能できる。

他のレストランでは見ないような素材や組み合わせの料理を供することをモットーとしている店。料理が登場する度、「へぇ、こんなふうにすればいいんだ」という新しい発見があるのが楽しい。夜でも前菜+メイン+デザートで35€というプリ・フィクスのコースがあるので安心して友人を誘えるのもいい。  メイン+カフェグルマンで2...
article placeholder

アルカテル・ルーセント、世界的リストラ

 通信機器大手アルカテル・ルーセントは、全世界で大規模な人員削減を行う計画を10月8日に明らかにした。2006年に仏アルカテルと米ルーセントが合併して誕生した同社は、通信インフラ、固定・移動通信向けブロードバンドインターネット接続などの分野で世界2位。しかし、エリクソンや中国のZTEなどとの技術競争に乗り遅れて業績が悪...

親子で楽しむことができる料理教室。

 フランスでは、子供向けの料理教室が百花繚乱(りょうらん)。テレビの料理番組も持つ人気シェフ、ギー・マルタンがプロデュースする〈Atelier Guy Martin〉へ。親子で参加できる教室に参加してみた。 きょうのテーマは「アルザス」。メニューは白身魚のシュークルートとシナモン風味フレンチトーストだ。本格的にブリオッ...
article placeholder

見本市

〈Salon Art Shopping〉10/26-27 : Carrousel du Louvre 1er〈Kidexpo  キッズ(子供関係)見本市〉10/19-23 : Porte de Versailles 15e〈Foire d'Automne〉(秋季フェア)10/25-11/3 : Porte d...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る