Ovni --| Numéro 753

デュマ、食の物語 -7-

 『岩窟王』という名でも知られる『モンテ・クリスト伯』は、デュマの代表作のひとつ。新聞小説として1844~45年に発表され、空前の人気を得た。1815年の王政復古以降の25年間を描くこの物語の魅力は、生き生きした人物描写とリズムある展開。今までに何度もドラマや映画にもなり、現代でもフランス人に愛される快作だ。...

レンタカーを利用して フランスでの運転にトライ。

カーレンタル会社「SIXT」の広告。 「フランスは右側走行だし、見慣れないロン・ポアン(ロータリー型交差点)はあるし...」。こんな理由で、フランスでの車の購入に消極的という声をよく耳にする。しかし車があればフランス生活を数倍満喫できると常々思っている私は、こう提案したい。「まずはレンタカーで試してみよう!」...

Le BAT|新鮮素材に繊細な調理 タパス感覚で楽しめる。

星付きレストランで修行を積んだシェフのタパスバー、そう聞いて試さずにはいられない。大通りに目立った看板もなく見落としそうになりながらたどり着くと、シックで広々とした店内には沢山のテーブル席、中央には大きなカウンターに囲まれてシェフが腕を振るっている。 タパスは6€皿と9€皿があり、6€ものから自由に1品と、好きな...

電子タバコ、取り締まるべきか どうかで議論沸騰。

 電子タバコがまたまた話題になっている。というのも、トゥールーズのタバコ販売店が、隣にできた電子タバコ販売店を、電子タバコで吐き出される蒸気も「煙」であるから、公正で自由な競争に反するものだとして告訴し、10月28日から商事裁判所で裁判が始まったからだ。 電子タバコは、煙のかわりに少量の蒸気を吸引する、タバコを模した吸...

「Saluton! (サルートン こんにちは)」

ギーさんが手にするのはエスペラント訳の『森鴎外短編集』母国語で読むということ〈エスペラント編〉 エスペラントは、1887年にポーランドのザメンホフが考案した人工言語だ。現在、世界中に160万人のエスペランチストがいるという。日本人では、二葉亭四迷や大杉栄、宮沢賢治、民族学者の梅棹忠夫らが有名だ。戦前に日本の大本教が教団...

長ネギとヤギのフレッシュチーズのグラタン。

 フランスの太い長ネギpoireauは、柔らかな甘みが特徴で、みじんに切ってうどんに散らしても薬味にならないが、それはそれ、フランス風にグラタンにしたりすると、おいしく食べられる。今回はヤギのフレッシュチーズを組み合わせて、晩秋らしいグラタンです。 長ネギは、白い部分が少なくとも20センチはあるものを買ってくる。緑の部...
article placeholder

マリーヌ・ルペン不謹慎発言

 ニジェールでマグレブ系アルカイダAQMIに拉致され、約3年間人質となっていたフランス人4人が、10月29日解放され、翌日飛行機でフランスに帰国。その中継画像について問われたマリーヌ・ルペン国民戦線FN党首は、翌日ラジオのインタビューでコメント。「テレビを見ていて奇妙な感じがしました。彼らの奇妙な服装は、ちょっといやな...

Mets Gusto|たまの贅沢に軽いテイストの地中海料理が食べたい。

Poulpe de Roc - Feuilles d'épinard - Ail confit 突然タコが食べたくなった。この夏、バスクに旅行した時に、小さな漁港で穫れたてのタコを料理してもらって食べた、あのおいしさが忘れられない。と、いうことで、フランス料理では珍しく、おいしくタコを料理してくれる店へ。お目当...

「フランスに行って、新しい生を受けた」

年度初めのクラスメートとのパーティ。クラスの8割はフランス人だった。石鍋さんは左から2番目。◎石鍋香代子(パリ6年+リヨン1年) 1947年生まれの石鍋さんは、これまでに2度フランスで暮らしたことがある。 最初にパリに行ったのは、1970年。仏文科で学んでいた石鍋さんは、流行していたイタリア映画やフランス映画に惹かれ、...

移民作家の漫画が集まった。

ガボン人作家パエの『La Vie de Pahé』 移民規制法案を横目に、2007年にヴァンセンヌの森近くに誕生したのが移民歴史博物館。フランス移民史を網羅しているが、子供たちにはやや敷居が高い印象もある。ところが現在、「第9芸術」こと漫画が主役の展覧会を開催中。この機会に親子で足を運んでみよう。 登場す...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る