Mets Gusto|たまの贅沢に軽いテイストの地中海料理が食べたい。

Poulpe de Roc - Feuilles d'épinard - Ail confit

Poulpe de Roc – Feuilles d’épinard – Ail confit

突然タコが食べたくなった。この夏、バスクに旅行した時に、小さな漁港で穫れたてのタコを料理してもらって食べた、あのおいしさが忘れられない。と、いうことで、フランス料理では珍しく、おいしくタコを料理してくれる店へ。お目当てのタコは、小ぶりの岩ダコ(15€)で、たっぷりのホウレンソウとニンニクのコンフィが添えられ、温かい前菜として供される。新鮮な素材を使っているせいか、抜群の火の通し加減のせいか、タコは独特の歯ごたえを残しながらもとても柔らかでおいしい! 塩味が効いているので、皮ごと焼いて中身がペースト状になったニンニクやホウレンソウと一緒に食するとますますいい感じ。グラスでとったシャルドネ(6€)との相性も抜群だ。
メインには、真ダラとカキにポロネギのソースを添えた一品(27€)を取ってみる。絶妙に火が通された真ダラに、大粒のカキが2つ。「火を通したカキもこんなにおいしいのになぁ」と、思わずつぶやいてしまうのは、フランスでは調理したカキを食べる機会がとても少ないからか。魚料理はボリュームが少なくなりがちだが、ジャガイモの小片が真ダラやカキの下に隠れていたりと気配りもあって嬉しくなる。
ア・ラ・カルトでしっかり前菜とメインをとってしまうとデザートの余裕はなくなってしまうのが普通だが、この店では、バターよりもオリーブオイルを使い、シンプルに仕上げているため、胃にもたれないのでデザートまでしっかり楽しめるのがいい。デザートも軽めのものが多く、試して欲しいものばかり。例えば、ピエモンテ産ヘーゼルナッツ入りのチョコレートムース(9€)は、周囲をごく薄いチュイールで包んでいて、異なる食感も楽しいデザートで、満足感もたっぷり。
決してお安くはないが、何を頼んでもおいしいし、スタッフの応対も素晴らしいので、試してみる価値は絶対にあるレストラン。たまの贅沢と割り切って、たんと味わいたい。日替わりの前菜(11€)とメイン(22€)を取って割安になる27€ のランチも悪くない。(里)
  


Mets Gusto

Adresse : 79 rue de la Tour, 75016
TEL : 01.4072.8446
火~金12h-14h/19h30-22h、土19h30-22h。日月休。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る