Ovni | Numéro 552

アルツハイマー病との闘い。

 今日、フランスでは75歳以上の高齢者の18%にあたる約80万人(3分の2は女性)がアルツハイマー病(老年痴呆症)で苦しんでおり、毎年そのうちの約6万5000人が死亡している。年間約16万5000人が老年痴呆症にかかり、 […]

Mabillon駅界隈(6区)

裏通りに入れば大通りの喧噪を忘れた しっとりとしたパリらしい街並み。  マビヨン駅(10号線)の名は、ドン・ジャン・マビヨンというベネディクト僧の名前から。サンジェルマン・デプレ教会には、多くの書物を遺したこの僧の胸像が […]

最新映画情報

●Mensonges et trahisons et plus si affinite…   ラファエルは、有名人のゴーストライター。だが率直な娘ミュリエルと出会い、仕事や恋愛における自己欺瞞に耐えられなくな […]

Pierre Josse 世界を旅する写真家。

 「急がなきゃ。この風景はあっというまになくなってしまう…」はピエールの口癖だ。バックパッカーのマークでおなじみ、フランスとベルギーで売られているガイドブック”routard”。その […]

Légumes variés mijotés

“Nimono” en japonais veut dire “plat mijoté”. Le nimono de légumes accom […]

Dossiers: BIENVENUE DANS L’EMPIRE DU RAIL

Il y a 40 ans, jour pour jour, le Shinkansen, le train à grande

静かにそこにあるだけで幸せな黒や黄色。 Serge Poliakoff “La saison des gouaches”

 フランスに帰化したロシア人抽象画家、セルジュ・ポリアコフのグアッシュ展。  1900年にモスクワの富裕な家庭に生まれたポリアコフの人生は、1917年のロシア革命で一変する。著名な歌手だった叔母とロシアを逃れ、ギター弾き […]

Marie Claire

 女性向け月刊誌 “Marie Claire” は1937年に創刊されたが、第1次大戦前に廃刊になり、1954年10月に復刊。そこで50周年記念号が出版された。現在フランス国内の発行部数は約40万 […]

新学期 高校生の 登校すがた

私は、パリ北郊外ル・ランシー市にある 高校に通っている。自由な気風の学校だから みんなそれぞれに工夫を凝らした姿で登校。そんな クラスメート(3年生)たちをパチリ。(リリ) 相も変わらずほとんどの生徒がEastpackの […]

★★★Vermeulen

   ヴァンサン・ドレルムと共演したこともあるヴェルムーレンは、SACD(劇作家・演劇音楽作曲家協会)賞を受賞したヌーヴェル・シャンソン期待の新人。シンプルなピアノの弾き語りで、日常生活で起こる色々な出来事や去来する感懐 […]

OVNI 552 : 2004/10/1

●スカーフをかぶり続ける女子生徒  9月19日のフィヨン教育相の発表によると、学校側の説得にもかかわらず、法律で禁止されたイスラムのスカーフを校内でかぶっている女子生徒は、フランス全国で101人。学校側と女子生徒側の話し […]

ヒヨコ豆の粉で作る一品はオリーブの香り…。 Panisses aux olives

 プロヴァンス地方名物のパニス(あるいはパニッソ)は、ヒヨコ豆pois chicheの粉で作った生地を揚げたもの。誰にでも簡単にできるので、一度は試してみたいものだ。ヒヨコ豆の粉farine de pois chiche […]

スペイン産イベリコハム★★★da rosa

 ウインドーにずらりと並ぶスペイン産イベリコハムが圧巻。ものは試しと、最高級の黒豚100%のもの(jambon ibérique bellota unico 25€/100g)をちょっとだけ買って […]

Merhan Karimi Nasseri — スピルバーグ監督の『ターミナル』は実話。

 スティーヴン・スピルバーグ監督の『ターミナル』が封切られたが、この作品の主人公(トム・ハンクス)のモデルとなったのが、イラン出身の男性マーハン・カリミ・ナゼリさん。  1976年にイランから国外追放されたナセリさんは、 […]

XVIIIeme BARATHYM–バルベス界隈は異国料理だけではない。

 バルベスにあるヴァージンメガストアズでCDやらDVDをあれこれと物色していたら、ノドが渇いた、おなかが空いた、お昼ごはんはどこにしようかな、と歩いていたら、歩道に小さなテーブルを並べているレストランを見つけた。  お昼 […]

Jacques a dit

 時の経過と共に人は変わる。他人の変化には敏感でも、自分が変わってしまったことに気づく人はそれほどいない。この舞台劇ではそんな男女が描かれていく。インドへと十数年前に旅立ったグループの中心人物ジャックから送られてきた怪文 […]