Ovni --| Numéro 486

Menabe-L’Ile rouge–新発見が続々のマダガスカル料理!

 マダガスカルは、アフリカ大陸の南東方に位置する島国で、魚介類の日本への輸出も多く、主食はお米だというからその食文化が前々から気になっていた。そんなマダガスカルのレストランを13区の中華街近くに発見、さっそく2人の友人と偵察に。赤い壁のこぢんまりした店だ。  前菜とメインで65Fのコ...

テロ絶滅の十字軍?

 9月11日、米民間機をN.Y.の世界貿易センター・ツインタワーとワシントンのペンタゴンに激突させ、6千人以上の死者・行方不明者を出した同時多発テロ。数十分で超大国神話を爆破させた空前のテロをメディアはこぞって「神風、真珠湾攻撃」「21世紀のアポカリプス」と呼号、ブッシュ大統領は「善と悪の大戦」と断...

今年もパリでFestival d’Automne が始まった。その中から興味深いダンスの舞台を3つご紹介。

●Im (Goldenen)Schnitt I et II  ゲルハルド・ボフナーが1989年に創作した伝説の作品を、カタロニア出身のダンサー、セスク・ゲラベールが再構成したもの。ボフナーのテーマだった視覚芸術家とのコラボレーションの様子がよくわかる。音楽はバッハの平均律クラヴィーア...

ドキュメンタリーで至福の7日間。 Etats generaux du film documentaire

 ローヌ・アルプ地方の風光明媚なアルデッシュ県の懐。地図でその名前すら見つけにくい小さな村リュサスで、毎年、至福のドキュメンタリー映画祭Etats generaux du film documentaireが開催される。今年は8月19日から25日までで、期間中村の人口の5倍以上、4000...

Saumur Champigny

ロワール川に面したソミュールの町といえば、辛口の白ワインやシャンペン同様の製法による発泡性白ワインが名高いけれど、カベルネ・フラン種やピノー・ドニス種のブドウから作られる赤ワインもおろそかにできない。柔らかで上品な風味の赤で、子牛肉や豚肉のソテーなどだけでなく、魚料理にも合ってしまう万能選手。特にシャンピニー産がうまい...

本腰をいれて制作活動を開始。

 パリには、以前からイラストレーターの仕事をしながら滞在していた佐野智香(ちか)さん。1年半前に一念発起して、今までに習ったことがなかったフランス語の勉強をソルボンヌの文明講座で始めた。それもひと段落がつき、現在学生からアーティストへの身分変更を検討中。これで気持ちを切り換え、しばらく休止していた制...

アートとデザイン”Graphisme(s)” 展ほか

 最近「デザイン」が再認識されている。アートの中でも "Habitat(居住空間)" を意識した空間構成や作品をよく見かけるし、身の周りでもコンセプト重視のカフェやお店がぐっと増えているのでは? まずはミッテラン国立図書館で開催されている"Graphisme(s)" 展から。  19...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る