電気スマートメーター:「リンキー」配備を開始

12/01
仏電力会社(EDF)の配電部門子会社ERDFは、電気使用状況がウェブサイトでリアルタイムに把握できる、電気スマートメーター「リンキー」の配備を開始した。2021年末までに3500万個が家庭や企業に設置される。投資総額は50億ユーロ。利用者にリンキーの機器代や設置料などは請求されない。検針の必要もなくなり、実際に使用した電気の料金を払うことになる。EDFは使用量がリアルタイムでわかるため利用者が省エネを心がけ、全体で1%の省エネを実現できると見ている。