シーフランス 会社更生下に

6/6
フランスのカレーと英ドーバーを結ぶMyFerryLinkを運航するシーフランス社がまもなく司法再建下に置かれる見込みとなり、600人の雇用が危ぶまれていると仏紙が報じた。同社は2011年に一度倒産し、ユーロトンネル社がフェリー3隻を買い取り、従業員の支援を得た参画協同組合(SCOP)が運営する形で再スタートした。しかし、経営は改善されず、今年4月10日に司法救済手続きが取られ買収先を探している。5月になってユーロトンネル社がSCOPとの契約を7月2日に解約してフェリーを売却することを決めたため、司法再建下に置かれることになった。