ル・コルビュジエ展2つ

ル・コルビュジエ(1887-1965)の展覧会をポンピドゥ・センターとサンジェルマンデプレの画廊で開催中。ポンピドゥ・センターの»Le Corbusier Mesures de l’Homme”展は、インスピレーションの源となったダンス理論に始まり、絵画、彫刻、建築、デザインの300点を展示する大がかりなものだ。午前中はアトリエで美術制作し、午後は建築事務所に詰めていたル ・ コルビュジエは、万能アーティストだった。ポンピドゥーの展示には大作が多いが、ズロトウスキー画廊では  ”Le Corbusier Panorama d’une œuvre”  と題して、コラージュの小品を展示している。壁紙にデッサンや水彩を施した味のある作品が多く、こちらも大いにお勧めできる。 (羽)

ポンピドゥー・センター 8月3日まで 火休
Galerie Zlotowski :  20 rue de Seine  6e   7月25日まで