労組CGT書記長が辞任

 労組CGTのティエリー・ルパン書記長が1月6日に辞任した。2013年に書記長に就任したルパン氏はノルマンディーの自宅を残したまま、パリ郊外のアパートに引っ越したが、そのアパートの改修費や家具・家電製品代の13万ユーロに加え、転勤手当として別に10万ユーロをCGT本部から受け取っていたことが10月に発覚し問題になっていた。書記長はこうした支払いは自分の知らないうちにCGT内部で決定されたとして責任を取ることを拒否してきた。しかし、5~6日に開かれた執行委員会の会合では辞任要求が高まっていた。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る