カンヌの最高賞はジェイラン監督作品

 5月24日、カンヌ映画祭のコンペティション部門の授賞式が行われた。最高賞パルムドールは、トルコのヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督の「ウィンター・スリープ」。監督は「(賞を)過去に(反政府デモで)亡くなったトルコの若者に捧げたい」と発言した。グランプリは伊アリーチェ・ロルバケル監督の「ワンダーズ」。女優賞は米ジュリアン・ムーア(「マップ・トゥ・ザ・スターズ」)、男優賞は英ティモシー・スポール(「ミスター・ターナー」)に。監督賞は米ベネット・ミラー監督(「フォックスキャッチャー」)。審査員賞は「マミー」(グザビエ・ドラン監督)と「言語よさらば」(ゴダール監督)2作品に贈られた。