シューマッハー、スキー事故で重体

 12月29日、アルプスのメリベルで自動車レースF1のドイツ人元ドライバー、ミヒャエル・シューマッハー氏(44)がスキー事故で意識不明の重体となった。同氏はスキー中に転倒し、頭を岩にぶつけた。ヘルメットは着用していた。ヘリコプターで町に運ばれた後、グルノーブル大学病院に搬送され、緊急手術を受けた。担当医師は、「重篤な頭部損傷」で、「容態は安定しているが、危険な状態が続いている」と説明(8日現在)。いぜんとして人工的な昏睡状態にある。同氏はF1シリーズで通産91勝し、7度の年間王者に輝いた後、2012年に引退していた。

Tags: