AF便で運ばれた1.38トンのコカイン押収

 9月20日、エール・フランス(AF)便でカラカスからパリに運ばれた1.38トンのコカインが、ロワシー空港とトラックの積荷から押収された。フランス本土で押収されたコカインとしては最大量で、末端価格で2億4千万〜3億5千万ユーロに相当。イタリア人3人、英国人2人ら6人が密輸容疑で逮捕された。コカインは31個のスーツケースに入れられ、架空の乗客名で登録されており、欧州のコカイン密売の80%を占める伊カラブリア州のマフィアの手に渡る予定だったとみられている。一方、AFは内部調査を開始し、社内の共犯者の有無を調べる。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る