〈ビュランの柱〉、夏前から改修工事へ。 


レ・ロワイヤル広場にある、白黒ストライプの柱が並ぶ<Les Deux
Plateaux>、通称<ビュランの柱>。国がメンテナンスを怠っていると以前から抗議していた作者のダニエル・ビュラン氏は、改修工事をしないなら作
品を撤去すると年末に最後通告していた。あわてたオルバネル文化相は1月18日にビュラン氏を呼んで会見、夏前に改修工事を開始することで合意した。この
作品は1986年に当時のラング文化相がビュラン氏に依頼したものだが、当時は「とんでもない計画」と反発が大きく、すったもんだの末に完成した。柱その
ものはあまり傷んでいないが、作品の一部をなす地下部分の水流と照明は8年前から機能しなくなり、地下はゴミ箱状態。当初の魅力が半減したのは確かだ。改
修費用は広場の他の部分の工事も入れて320万ユーロ。それだけの費用をかけるべきかどうか、またもや議論になりそうだ。(し)




Tags: