学生医療保険制度、廃止へ

10/30

フィリップ首相は高等教育機関の学生向けの医療保険制度を廃止する方針を明らかにした。新入生は2018年9月から、それ以外は19年から一般制度に吸収される。学生制度は手続きや払戻しが非効率的と以前から批判が多く、マクロン大統領が廃止を公約していた。一方、11月1日から、一般開業医の基本診察料が従来の一律25ユーロから、15〜18歳少女への避妊薬処方やガン、エイズ、アルツハイマー病などの告知など手間のかかる診察については46〜60ユーロに値上げされた。