ラジオ・フランス社長解任

RMCラジオのサイトから。中央が解任されたマチュー・ガレ。

1/31
 視聴覚高等評議会(CSA)は国営ラジオ・フランスのマチュー・ガレ社長の解任を決定した。同社長は2010~14年の国立視聴覚研究所所長時代に入札なしで40万ユーロ相当の契約を結んだとして15日に執行猶予付禁固1年の有罪判決を受けていた。判決を受けてニッセン文化相はCSAに対応を要請。独立機関への政府の圧力との反発もあったが、結局CSAは国営放送改革が進められる中、国営ラジオは政府との良好な関係を求められる上、倫理を重視するとして解任を決めた。CSAが国営放送社長を解任するのは初めて。