SNCF改革の報告書

首相府で、会見するフィリップ首相とボルヌ運輸担当相。

2/15
 仏国鉄(SNCF)改革についての報告書が首相に提出された。主な内容は、列車運行を担うSNCFモビリテとインフラ管理のSNCFレゾーを商工業的公施設法人(EPIC)から株式会社に転換し、EU指令に准ずる2019年からの鉄道市場開放導入開始に備えること、開放に伴う地方路線の運営会社の入札を進めること、国鉄職員の特権を段階的に廃止、貨物事業の子会社化など。今後、SNCF幹部や労組との協議を行われるが、フィリップ首相が26日、報告書の骨子を踏まえた改革をオルドナンス(政令)によって行うとしたため、労組の激しい反発が予想される。