Ovni | Numéro 764

ナンテール・ストリートアート・フェスティバル

 6月6〜8日、パリ西郊外ナンテール市(RER-A1:Nanterre-Ville)で、日・英・伊・ベルギー・カンボジア・スペイン・モロッコ…からの50のカンパニーが舞踊やマリオネット、スペクタクル、パレード […]

パリジャンは一年間の 55時間を渋滞の中で…。

 アメリカの調査機関Inrixがこのほど、ヨーロッパ各国・各都市別の交通渋滞時間ランキングを発表した。それによると2013年度は、ヨーロッパの中で渋滞ナンバーワンの座に輝いたのは、ベルギーとその首都ブリュッセルだったが、 […]

歴史への視線が感じられる映画作品

19,99€ MK2 VIDEO  今年は第1次世界大戦開始から100年。フランスでは歴史を振り返る機運が特に高まっている。今回は子どもが楽しめ、かつ歴史への視線が感じられる映画作品を紹介。 ①Les Temps mod […]

オベリスクがやってきた!

闇に浮かぶコンコルド広場のオベリスク  天を突き刺し鎮座するオベリスクは、現存するパリ最古の建造物。エッフェル塔や凱旋門とは違い異国で造られ、はるばる運ばれてきたものだ。でも高さ23m、重さ230トンの巨大な石の塊、どう […]

〈三銃士〉展

 アレクサンドル・デュマの小説『三銃士』はフィクションだが、ガスコーニュから上京し三銃士(アトス、ポルトス、アラミス)に加わる青年ダルタニャンや枢機卿リシュリュー、バッキンガム公爵などは実在の人物。アニメや映画、マンガに […]

今が食べどき●langoustine

 先日北駅近くのレストランChez Michelに出かけたら、ざわざわまだ動いている大きなlangoustineがあった。10分後にはそれがゆでられてマヨネーズと一緒に登場、その繊細な甘みに感動!  そろそろ、 […]

多国籍食文化の中で光る 新星フォカッチャ専門店

 トルコ、インド、モーリシャス…エスニックな食文化が軒を並べて競い合うストラスブール・サンドニ界隈に新顔が登場。イタリアン・フォカッチャの専門店だ。昨今の流行で、ホットドッグやハンバーガーはすでにあったものの […]

全仏チャンピオンでも「退場処分」!

中央がイリヤス・デメイエフさん。  先月16日、24時間耐久レースで有名なル・マン市に住んでいたチェチェン人の青年が、モスクワ行きの飛行機で強制送還された。2013年ブラジリアン柔術フランス大会の優勝者、イリヤス・デメイ […]

「Azul! (やあ)」

母国語で読むということ〈ベルベル語編〉  アルジェリアで働いていた時のこと、米国のTVドラマの主人公そっくりの金髪碧眼(へきがん)の青年が事務所にやってきた。名前をきくと「バシールだ」という。自分が抱いていた「アルジェリ […]

首相に適している?

64%  4月1日に首相に任命されたマニュエル・ヴァルス氏は、8日に国民議会で所信表明、15日には500億ユーロの財政赤字解消のため、公務員給与や年金などを含む各種給付金を1年6カ月間凍結するなどの一大緊縮案を発表。その […]

ベトナム料理のボブンは、フランス人も大好き。

 フランス人に一番人気のベトナム料理というと、文句なしにこのボブン。今回は、揚げ春巻きが入らないバージョンです。下準備にちょっと時間がかかる気がするけれど、思ったよりも簡単に、本格的なボブンができてしまう。  調理する2 […]

英仏海峡トンネル開通から20年

 1994年に開通した英仏海峡トンネルが、この5月6日で20周年を迎えた。1986年にミッテラン大統領とサッチャー英首相が建設を決め、20世紀最後のビッグプロジェクトとして華々しく開通したにもかかわらず、当初計画予算の倍 […]

デュマ、食の物語 -13-

  アレクサンドル・デュマの遺作は、死後の1872年に発行された『デュマの大料理事典』だった。世界に知られる大作家がこの作品の構想を思いついたのは1858年のこと。自身が創刊した「モンテ・クリスト」紙で料理本を […]

飾り気のない普段着の街で楽しむバスクの味。

 雑誌やネットなどで話題を集めるレストランは、予約を取るのが難しかったり、混雑していて落ち着かない雰囲気だったりすることも多いもの。そんななか、新規開店で話題の店ながら、店内は広々として雰囲気もよく、スタッフも親切で感じ […]

〈テラコッタ・ドーターズ〉

© Centquatre  古代中国、秦の始皇帝陵に埋められていた数千のテラコッタ像、兵馬俑(よう)は1987年に世界遺産に指定。中国では長年の産児制限で年間約50万人の女児が生まれなかった。この子たちを、仏ア […]

フランス仕込みの〈アーキテクト〉

2004年、パリの建築事務所の仲間たちと。 ◎菅原大輔(パリ3年半)  大学院で建築の勉強をしていた菅原さんは、「自分の立ち位置を相対化し、発見するために」海外で働こうと考えた。若くて元気のある世界中の建築事務所に履歴書 […]

フリーマケット〈Vide-greniers〉

5/23-25 : 62 av. de Breteuil 7e 5/24 : Place Monge 5e/Bd Soult 12e/

パリ動物公園では、人間より動物が主役。

   2014年4月12日、5年間の長い大改造を経て、パリ動物公園Parc Zoologique de Parisがオープンの日を迎えた。長らく、「ヴァンセンヌ動物園 Zoo de Vincennes」の名前で […]

OVNI 764

OVNI 764 : 15/05/2014 ダウンロード

幼稚園・小学校の時間配分、緩和へ

 幼稚園と小学校の授業時間配分に関するデクレが5月8日に官報に掲載された。2013年9月から授業を週4日から4日半にし、1日当たりの授業時間数を削減して、午後にスポーツ・文化課外活動を導入するようにしたペイヨン前教育相の […]

故教皇二人が聖人に。

4月26日付リベラシオン紙の表紙。  復活祭からちょうど1 週間後の4 月27日、バチカンで教皇フランシスコは、ヨハネ23世(1881-1963/在位1958-63)とヨハネ・パウロ2世(1920-2005/在位1978 […]

第59回サロン・ド・モンルージュ

 3100人の中から選ばれた72人の若いアーティストの広範囲の作品。 5月28日迄(12h-19h)。無料。 Le Beffroi:2 pl.Emile-Cresp, Montrouge

アルストムのエネルギー事業、GE買収か

 運輸機器・エネルギー界大手のアルストムは4月30日、同社エネルギー事業の米ゼネラル・エレクトリック(GE)による買収案を優先的に検討すると発表した。24日、この件が報じられるとすぐに、政府はGEフランスの幹部を経済省に […]

PSG、リーグ・アン優勝が決定

 5月7日、仏サッカープロリーグのトップディヴィジョン「リーグ・アン」でパリ・サン・ジェルマン(PSG)の2年連続4回目の優勝が決まった。この日、PSGはレンヌに1-2で負けたが、2位のモナコがギャンガンと引き分けたため […]

洋上風力発電、GDFスエズが落札

 ロワイヤル環境相は5月7日、ガス・エネルギーのGDFスエズ社が率いるコンソーシアムが2ヵ所の洋上風力発電計画を落札したと明らかにした。GDFスエズはポルトガルEDPRと仏ネオエン・マリーヌ社と共同で、アレヴァ社製8メガ […]

ジハード対策の無料相談電話スタート

 カズヌーヴ内相は4月30日、ジハード(聖戦)に参加するためにシリアに渡るフランス人の増加を食い止めるために、無料相談電話(0800-005-696)をスタートしたと発表した。シリア行きを計画する若者の家族らの相談を受け […]

500億ユーロ歳出削減案、国民議会で承認

 国民議会は4月29日、2017年までに500億ユーロの歳出を削減する案を賛成265票、反対232票で承認した。ヴァルス首相が提案したこの削減案は、社会党内でも福祉切捨て、雇用促進策後退という批判が強く、同案の承認は実質 […]

サルコジ前大統領の選挙費用は違法

 憲法評議会の選挙会計委員会は7月4日、サルコジ前大統領の2012年の大統領選挙運動費用が規定額を超えたとして、公職選挙法に基づく1100万ユーロの払い戻しを受けられないと判断した。同委員会は1月に同じ判断を下しており、 […]