Ovni --| Numéro 650

article placeholder

直接税課税率制限で議論が再燃。

 サルコジ大統領が2007年夏、所得税、富裕税など直接税の課税率の上限〈bouclier fiscal〉を60%から50%に引き下げた減税策に対して、与党内から見直しの声が上がっている。2009年度予算案の国会審議で、ルネ・クアノ国民議会議員(民衆運動連合UMP)がこの上限規制を2009年度は保留する修正案を3月18日...

自宅で常飲しているのはミネラルウォーター ?

   日常の飲用にミネラルウォーターを買うのは、重いし、お金もかかる。それでも、外食する時はほとんど〈カラフドー〉と水道水で済ませることが多いから、自宅では、せめてもの贅沢とミネラルウォーターにしていた。しかし、ペットボトルを抱えて5階までの階段を上るのはつらい。そこで登場したのは、水道水をろ過して...

ボンジュール、空き巣さん!

 先日、家に帰ってみると鍵が壊されていた。こわごわ中をのぞいてみると、室内は見事な散乱状態。空き巣にやられたのだ。人生、初の経験だ。ワナワナしつつ警察(17番です)に電話。次に銀行のカードを止めた。警察は2時間後に来て現場検証をした。盗まれたのはカメラ類、銀行カード、指輪などなど。だが一番痛かったのは、一時帰国した際に...

紋章彫り師 — 揺らぎない 自分の起源を確認する。

 フランスでも片手で数えられるほどしかいないGraveur héraldiste(紋章彫り師)を生業とするジェラールさん。毎朝、11区のアトリエに着いても、直ちに仕事に取りかかることはない。「瞑想するように少しずつ自分の内面に近づいていく。精神状態はヨガと似ている」。他人との接触が多い地下鉄に乗って...

2週間のニュース

●ラスコー洞窟の壁画の状態が悪化 2月26、27日の両日、世界遺産に指定されているラスコー洞窟の壁画の保存に関するシンポジウムがパリで開催され、その席でアルバネル文化相が壁画保存のための新たな専門家委員会を設置すると発表した。洞窟の壁画には2000年ごろからカビが発生し、06年から黒いシミが広がった。国際ラスコー保存委...

グアドループ県民の怒り。

 海外県グアドループで、本土より1.6倍以上の物価高に対する怒りのゼネストとバリケード闘争が1月20日から44日間続いた。2月5日以降マルチニーク島とレユニオン島にも飛び火した。 3月5日、グアドループの49組合の集合団体LKPのドモタ代表と政府・県とが、LKPが要求してきた165項目に合意。最低賃金SMICの1.4倍...
article placeholder

2週間の言葉・数字

「20世紀、西洋の女性たちが解放されることに、何が一番寄与したのだろうか? ある人は避妊薬だと言うだろう。ある人は妊娠中絶だと言うだろう。家庭を出て働くようになったことだと言う人もいるだろうが、勇気ある人は、洗濯機が普及したことだと言うだろう」「女性の日」に当たる3月8日、バチカン市国の日刊紙オッセルヴァトーレ・ロマー...

バルザックの料理帖–11

 バルザックが描く食の風景には、快楽と隣り合わせの悪が描かれていることが多い。「暴食」は「傲慢」、「嫉妬」、「憤怒」、「怠惰」、「強欲」、「色欲」と並びキリスト教の七つの大罪の一つだが、そのことは、食いしん坊が主人公の『従弟ポンス』に切々と語られている。「グルメ小説」と呼ばれるこの本をうっかり手に取ってしまった食道楽の...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る