Ovni --| Numéro 578

article placeholder

アペリチフ apéritif

フランスでは客を招いての食事というと、アペリチフから始まることになっている。客が揃うまで、あるいは前菜などの用意ができるまで、居間のソファーな どに座って、アペリチフ(食前酒)を飲みながら、それぞれの近況を話したりしながらのくつろいだひととき。アペリチフとしては、パスティス、マルティニ、 ポルト、シェリー、キー...

L’Autobus imperial|凝った内装、料理もおしゃれでおいしい。

レアールの裏通りにあるお店で、中に入ると、照明といい、装飾といい、肘掛け椅子といい、隅々まで凝っているのでビックリしてしまう。「以前からずっとレストランがあったところだが、最近若手のシェフが来てすっかり味が若返った」という友だちに連れて行ってもらった。 昼のコースは3種類ある。メイン+コーヒー(13.5€)、...

大都市郊外の青少年らの蜂起。

 10月27日、パリ北郊外クリシー・ス・ボア市で警官に追われた3人の少年が電力公社EDFの変圧施設に逃げ込み2人(15歳と17歳)が感電死した事故が起爆剤となり、毎晩数百台の車やバス、幼稚園や体育館、警察署など公共施設への放火・破壊行動が繰り広げられ、他の都市郊外にまで広がった。感電死事故は、その2...

Occupe-toi d’Amelie

 ジョルジュ・フェドーの代表的笑劇の一つ『アメリーを頼む』は、年末の賑わいにはもってこいの軽やかで華やかな舞台。時はベルエポック。庶民階級に生まれ育った娘アメリーは、上流社会の御曹司に見初められ「妾」として優雅な生活を送っている。上級軍人であるアメリーの婚約者=御曹司は、...

Lamarck-Caulaincourt駅界隈(18区)

モンマルトルの丘の裏側。 パリジャンたちも憧れる界隈には、 かつての面影がいまも息づく。  博物学者のラマルク騎士(男爵の下の爵位)と元老院議員であり外交官でもあったコーランクール公爵という、どちらも18世紀に活躍した人物の名が冠さ...

L’Enfer

 疎遠の三姉妹(エマニュエル・べアール、カリン・ヴィアール、マリー・ジラン)は、ある男の登場で、業深い父親の過去と共に向き合うことに。『ノー・マンズ・ランド』で世界に新鮮な驚きを与えたボスニアの俊才ダニス・タノヴィッチの長編第2作。人の感情などはなから問題にされない戦場を舞台とした前作から一変し、感...

Jean-Charles de Castelbajac デザイナー ノエルは夢の世界にあるだけだった。

 街が光の洪水に包まれ、ノエルを待つお祭り気分で色めき立ってきたこのごろ。オスマン大通りの壮麗を競うデパートのショーウィンドーで、今年、ギャラリー・ラファイエットのディスプレイを指揮したのは、デザイナーのカステルバジャックさん。 5歳まで暮したモロッコを後に、フランスに移ってすぐ、全寮制の士官学校に預けら...

芸術への反逆。 “DADA”

 「絵画は終わった。誰がこのプロペラよりも良いものを作れるだろうか?」。1912年、パリで行われた航空見本市を訪ねたマルセル・デュシャンの言葉だ。これは世界初の芸術への終末宣言で、のちにダダの姿で具体化される芸術の危機の予言でもあった。第1次大戦直前にイタリアで生まれた未来派が、工業技術の芽生えを熱狂的に迎えたのとは対...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る