Lamarck-Caulaincourt駅界隈(18区)


モンマルトルの丘の裏側。
パリジャンたちも憧れる界隈には、
かつての面影がいまも息づく。
 博物学者のラマルク騎士(男爵の下の爵位)と元老院議員であり外交官でもあったコーランクール公爵という、どちらも18世紀に活躍した人物の名が冠されたラマルク・コーランクール駅(12号線)の周辺を歩いてみよう。地下鉄駅の出入り口は、両側を25mほどの階段で挟まれた珍しいタイプ。通りからは、この出入り口の位置が非常に分かりにくいので、周辺のところどころにメトロへの矢印の標識がある。


 モンマルトルといえばまず思い浮かぶ、画家ユトリロが眠るサン・ヴァンサン墓地を訪れた。有名なシャンソニエ〈ラパン・アジル〉のはす向かいの小さな墓地だが、入り口はメトロの駅にも近いゴラール通りなのでご注意を。サクレクール寺院を背になかなか風情がある。 Cimetiere Saint-Vincent
ユトリロの墓。マルセル・カルネもこの墓地に眠る。

 モンマルトル博物館へも足を伸ばそう。ここは、モリエールと同じく舞台の上で死んだ俳優ロジモンの邸宅で、その後、ルノワール、デュフィ、ユトリロなどモンマルトルの画家たちのアトリエとなり、1961年から博物館となっている。ロートレックのポスターを始め、画家や詩人、音楽家など当地ゆかりの芸術家たちの作品の展示や、当時のビストロを再現した一角もある。ア・ジルA.Gillという画家が看板にウサギを描き、「ラパン・アジル」の店名の由来となった、その絵も展示されている。
Musee de Montmartre
モンマルトルのブドウ畑や〈ラパン・アジル〉、サン・ヴァンサン墓地が望める。
 多くの芸術家が住んだモンマルトル。道をゆくと、所々に記念プレートが埋め込まれているのを発見する。かつてゴッホが住んだアパルトマンを訪れたり、ダリダの迫力ある胸像を拝見した後は、コーランクール通りの話題の菓子店でおいしいケーキを買って帰ろう。(月)


Allee des Brouillards

place Dalida ど迫力のダリダ像。
ダリダはこの近く11bis rue d’Orchamptの邸宅に住んでいた。

54 rue Lepic
ゴッホが居候した弟テオのアパルトマンはここの5階。
残念ながらただいま工事中。



on aime

musee & cimetiere
●Musee de Montmartre
1
5.5e/3.5e/12歳以下無料。
10h-18h、月休。
12 rue Cortot 01.4606.6111
www.museedemontmartre.com
●Cimetiere Saint-Vincent
2
11/6~3/15 : 8h-17h30、3/16~11/5 : 8h-18h。土8h30-、日・祝9h-
6 rue Lucien Gaulard 01.4606.2978

restaurants & bar
●Drole d’endroit pour une rencontre 3
料理もうまいし、お茶やアルコールの品揃えもよし。月休。
46 rue Caulaincourt 01.4255.1425
●O por do sol
4
ポルトガル料理。名物タラのグリルが美味。水・土昼休。
18 rue de la Fontaine du But
01.4223.9026
●Les Taulieres
5
女性も気軽に入れるバー。価格も良心的。19h-02h、月休。
10 rue de la Fontaine du But
01.4258.6064
●Rakuda
6
鮨さしみ、鉄火、五もく、てりやき…。
シンプルでおいしい和食。
土昼・日休(12/18~1/15休業)。
145 rue Marcadet 01.4255.5091

patisserie
●Arnaud Larher
7
ただいま話題の菓子店。6頁の〈produits〉もご覧あれ。
色とりどりのお菓子に混じってこれも外から眺められマス。

hotel
●Hotel Caulaincourt Square★ 8
立地も便利な格安ホテル。おしゃれで清潔。
2 square Caulaincourt 18e
01.4606.4606 f: 01.4606.4616
www.coulaincourt.com
S: 38e~/W: 52e~/ T: 54e~。 
朝食5.5e。



 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る