Ovni --| Numéro 531

コジツケ気味、フランス語の表現集 その5

comme un chien dans un jeu de quilles イヌは人間にいちばん忠実な動物だといわれていて、イヌにまつわる表現は辞書で数ページにわたります! 感情面で人間に近いといわれながらも、扱われ方は同じではありません。それどころか、むしろ虐待されているといってもよく、人間は、日々のわずらわしさす...

『死ぬ権利を要求します』

 2000年9月24日、19歳でボランティア消防士になったばかりのヴァンサン・アンベールさんは交通事故で九死に一生を得、 9カ月の昏睡後、意識を取り戻すが四肢麻痺、記憶喪失、口もきけず盲目同然、胃ゾンデで栄養補給。意識と身体が二分された植物人間ヴァンサン君を医師は「ミミズと思えばいいでしょう」と母親を絶望の果てに追いや...

一年間限定共同生活も終わりに近付いた。 地下鉄Les Halles駅 。18m2。家賃600euros(一人300euros)。

 建築事務所で働くスペイン人のヘスス君(27 歳)と、ミラノ理工科大学で建築を専攻し、一年間パリ留学したマルコ君(22歳)。一年前、それぞれのお国からパリに到着し、共通の友人の紹介で出会ったふたりは、初対面の挨拶をした後そのまま共同生活を始めることになった。  テレビなしの生活。見た...

「反すう」が必要な95歳の巨匠の新作。 『Un film parle』

 豪華客船に乗って、寄港地の名所旧跡を、歴史の先生のガイド付きで訪ねる楽ちんな観光映画という一面もある『Un film parle / 語られる映画 』は、御年95歳、世界映画界の最長老、ポルトガルの巨匠、マノエル・ド・オリヴェイラの最新作。であるから、実は単純なようで複雑、易しいようで難しい...

フランスの奥地。 《Colonie》

 フランスの田舎で母と二人きりで暮らすレオンス。すでに60歳を超え、網膜剥離のため車も運転できないレオンス。この小説は、そんな彼の現在の物語が、彼の幼少の頃の物語と彼の父の物語と交錯して、語られる。  第一次世界大戦で負傷し、リモージュに流れ着いたレオンスの父は、その地のとある工場主と出会い、彼の家で世話になることに...

〈レキップ〉を脅かすか、無料のスポーツ誌。

 〈レキップ L'Equipe〉という新聞がスポーツ新聞の市場を独占しています。1980年代、〈ル・スポール Le Sport〉という競争紙が発行されましたが、この新聞は数カ月も存続しませんでした。 〈レキップ〉は全能です。〈レキップ〉は独自のニュースを創出し、ツール・ド・フラン...

Tangue au feminin

 アルゼンチンでは、女性がタンゴを歌ったり演奏すると、白い目で見られたりするらしいが、10月21日から11月7日まで、パリ11区のキロン・エスパスで女性によるタンゴ!  おすすめは、22日、アルゼンチンに続いてタンゴが盛んなフィンランドから、ボーカルのマルティーナ・...

OVNI 531 : 2003/10/15

●猛暑による死者は1万4802人  INSERM(国立保健医学研究所)は、8月上旬の猛暑が原因で死亡したフランス人は、お年寄りなどを中心に1万4802人と発表した。8月4日ごろから死亡者数の増加が顕著になっていたが、全国の死亡証明のデータがコンピュータ化されていなかったこともあって、...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る