Ovni | Numéro 490

Politique : INQUIETUDE ET MECONTENTEMENT

Le Japon a-t-il échappé à la vague d’agitation et de panique qui secoue le

フランスのムスリム社会。

 世界のムスリム(イスラム教徒)人口は10億(20%)、9割はスンニー派、シーア派*は1割(イラン、イラク)を占める。フランスのムスリム人口は約500万、その半数は仏国籍者だ。現在彼らがいちばん恐れているのは、テロリズム […]

最新映画情報

●HIGHWAY  鉄の重りを口にくわえた青年、ガラスのかけらの上を歩かされる幼い兄弟、彼らを見守る両親。凄いようなそうでもないような見せ物を披露しながら、乾いた大地をオンボロ車で移動していく大道芸人一家。  カザフスタ […]

クラシック音楽のメタモルフォーゼ。

 パリを中心に活動している日本人女性5人によるアンサンブル・ボーカル、それがakane(あかね)。音楽事情にあまり詳しくない人は、アンサンブル・ボーカルと聞いてもピンとこないかもしれない。これはいわゆる合唱とは異なり、5 […]

犯罪としての絵画、近代化の呪われた部分。 “La peinture comme crime”

 フーコーが、近代における権力の構造を、理性によって自発的に服従する「権力の自動化」と暗示したのは、パノプティコンと呼ばれる刑務所の構造からであった。一望監視施設、つまり中央から常に監視されている、と思う心理を中心とした […]

ディナーショーが楽しめる巨大なレストラン。Club Med World

 昨年夏にオープンしたベルシー地区のClub Med World。地下鉄14号線のCour Saint-Emillion駅に隣接した建物の中に入ると、雰囲気はバカンス村。ガラス張りの明るいゆったりとしたスペースに並ぶブテ […]

華やかなカトリネット帽子コンクール。

 11月25日の聖カトリーヌ祭は日曜日だったので、翌日の月曜日を待って開催された「カトリネット帽子コンクール」の会場へ。帽子を被ってシャンゼリゼ劇場に集まった、およそ200人のお嬢さんたちはまさに咲きそろった花。この号の […]

(南)が推薦する12月のシャンソン。

★★★★ Quartet Buccal  女性4人組、カルテット・ビュカルの公演 “Entre chienne et louve” が評判。彼女たちの、四つの口を楽器のように使いこなすアカペラの質 […]

OVNI 490 : 2001/12/1

●アフガニスタンでジャーナリスト死亡 11月11日、アフガニスタン北部の激戦地ホジャガルの近郊で、フランス人記者二人とドイツ人記者一人が死亡した。国営ラジオ局RFIの記者ジョアンヌ・シュトンさん(34)と民放RTL記者の […]

Les doigts dans le nez

A la place d’un vélo, j’aurais pu vous dessiner une de ces trottinettes qui

アシ・パルマンティエをひと工夫してみよう。 Hachis Parmentier perigourdin

 アシ・パルマンティエは、味付けした挽き肉をマッシュポテトでおおったグラタンでしたね。今回は “ペリゴール風” と気取って、挽き肉のかわりにペリゴール地方の名物、カモのモモ肉の脂漬けConfit […]

クロディー・エニュレさんClaudie Haignere – 2度目の宇宙飛行から無事帰還した。

 10月31日、クロディー・エニュレさん(44)が、ロシアの宇宙飛行士二人とともに、7日間の国際宇宙ステーション(ISS)での滞在を終えて地球に帰還した。「若者たちに進む道を準備し、毎日テレビが提供しているものとは異なっ […]

聖カトリーヌの日は二十五歳の独身女性がヒロインです。

毎年11月25日は、聖カトリーヌの日。この日は25歳の独身女性 “カトリネット” が黄と緑色の帽子を被って町を歩いたり、区役所が帽子コンクールを催したり、市役所がパリのカトリネットの縫子さんたちを […]

La Maison des tartes–やさしい味の焼きたてタルト。

 マルシェや小さな各国レストラン、ブティックが軒をつらねるムフタール通り。この通りの中ほどにある “La Maison des tartes” は、地元の人たちに人気のタルト専門店。わずか20席ほ […]

笑うのはウジ虫だけじゃない! “Les rires des asticots”

 カミCami(1884-1958)という劇作家をあなたは知っている? 私はその名すらも知らなかった。『ウジ虫たちの笑い』という冗談みたいな題名に惹かれて見に行ったのがカミとの出会いだった。馬鹿馬鹿しくても(Ridicu […]

ウイスキー専門店★★★La Maison du Whisky

 意外なことにフランスはウィスキーの消費量世界一だとか。何年か前に紹介したマドレーヌ広場近くの専門店には800種類のウィスキーが揃っていて、クリ スマスプレゼントにも最適。店内にはオランダやアメリカ、フランスのウィスキー […]