専門店

Maison Tête|ジェルス県の特産物、フォアグラ、カモ肉加工品の専門店。

 ジェルス県はラングドック・ルシオン・ミディピレネー地方の県のひとつ。ここではフォアグラをはじめとした同県の特産物が手に入るだけでなく、昼ならランチとして、夕方ならタパスとして、その場で味わうこともできる。 フォアグラは、常温で3年保存可能な瓶詰めは60g(9.90€)という小さ [...]

RAP|市場並みの品揃え、イタリア中の台所が再現できる。

 イタリア食材店、なんて言うと珍しくもなんともない。ドライトマトやオリーブ、バジルペースト、パスタにチーズを売る店ならパリのあちこちにあるし、今やスーパーでだって手に入る。この店のすごい点は、イタリアを旅して発見した、現地以外で見たことのない食材を直輸入していることだ。例を挙げる [...]

épicerie fine JEUNE HOMME|ホームパーティを成功させるおいしいものズラリ。

老舗パティスリー「ルノートル」の創業者、ガストン・ルノートル氏の孫で、子どもの頃からガストロノミーの世界にいたという、ニコラさん。そんな彼が立ち上げた店だけあって、保存料や着色料などを使用せず、素材にこだわった良質の食品が並ぶ。 まず手に入れたいのは、Trimarchi di v [...]

Durand Traiteur|とっておきの白ブーダン、黒ブーダン。

 おいしい黒ブーダンの店を探していてたどりついたのがこの店。今年3月にノルマンディー地方で行われたブーダンのコンクールで栄えある銀賞に輝いたブーダン(15.50€/kg)は、さすがに人気商品らしく次々と売れて行くので、いつもフレッシュだ。こってりとしたコクがありながらあまり甘くな [...]

Greffeuille Aveyron|子羊肉をメインにしたごちそうを自宅で。

フランスのごちそうのひとつに数えられる子羊肉だが、なかなか自分の料理のレパートリーに加えられない人も多いだろう。大切な人にとっておきの手料理を食べさせたい時のお助けメニューになりそうなのが、この店の主力商品、調理済みの子羊肉だ。しかも、一流シェフ、ミシェル・ブラスが調理に携わり、 [...]

Balibert|アペリティフやお土産にぴったりな食品あれこれ。

アペリティフ向きのお酒やおつまみは、友人宅を訪問する時の手みやげに気が利いているし、日本へ帰る時のおみやげにも便利だ。そんな食品が豊富に揃うのが、アリスさんとベルトランさん経営のこの店。 おすすめの筆頭はPimençon(14.9€)という名のバスク産のワイン! 甘口の白ワインに [...]

Mercatienda Latina|飾り気のなさが本場らしい、中南米の食材がぎっしり!

古き良きフランスの食材店が軒を並べるマルティール通りのすぐ近くにある色鮮やかなお店。オーナーはコロンビア人だが、Latinaという店名、そしてずらりと並んだラテンアメリカ諸国の国旗が示すように、中南米の食材が所狭しと店内を埋め尽くしている。インテリアになんて気を配らず、店の飾りは [...]

Caractère de Cochon|豚肉製品大集合の店

フランス国内およびヨーロッパ産のハムやソシソンなど豚肉加工品を中心とした豚肉製品の専門店。 ぜひ試して欲しいのが、ミュンヘンで生産されているsnowball(8.5€)というずんぐりとしたソシソン。周りにパルメザンがまぶしてあり、薄切りにした途端、トリュフの香りが漂う。アペロに登 [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る