サルコジ疑惑に新証言

11/15mediapart-sarkozy
ネット新聞メディアパールは、2007年の大統領選資金として500万ユーロの現金をサルコジ氏に渡したとする仏・レバノン人実業家ジアド・タキエディン氏の談話を掲載した。同氏は2006年末から07年初頭に当時サルコジ内相の官房長だったゲアン元内相に2度、サルコジ氏の自宅で同氏に一度、現金を渡したと話した。このお金はカダフィ政権の諜報部を通じて仏側から要請されたとされる。同氏は13年に同様の証言をして捜査対象になっているが、今回のような具体的な証言は初めて。だが、物証がないため捜査は進展していない。