Ovni | Numéro 820

ノルマンディーの作家と食 〈12〉

モーパッサンの小説『ベラミ』(1885年)の主人公デュロワは、ノルマンディー地方出身の庶民。花の都パリにやって来たとはいえ、その住みかは労働者などの低所得者用のみすぼらしいアパルトマンだった。「食物の匂いと便所の匂いとの […]

民主主義をアートで表現、ドロシーズ・ギャラリー。

 Stand Up(立ち上がれ)と題されたグループ展が開かれている。米大統領選挙でトランプ勝利の直後、オーナーのドロシー・ポリーさんが政治的、社会的活動をしているアーティストたちを招いた。アメリカ人のドロシーさんは、6歳 […]

引退の意思

「これまで妻と子供たちに数々の試練を強いてきたように思う。これからは彼らの身近にいる時なのだ 」 11月20日ニコラ・サルコジ前大統領は、大統領選の右派予備選挙で20.6%しか得票できず、フランソワ・フィヨン、アラン・ジ […]

栄養満点のアルジェリア風スープで冬を乗り切ろう!

Chorba Algérienne 今はひと昔、アルジェリアに何度か通訳の仕事で出かけたのだが、お昼には決まったように、庶民的なレストランでショルバと呼ばれるスープをとっていた。今でも、子羊肉のクスクスを作った翌日に、ま […]

マダム・キミのシルバーラウンジ:12月1日号

 半田薫次郎さんは85歳。大阪で中学2年の時、終戦を迎えた。日本では広島大学の仏文科卒。36歳の時、68年パリ5月革命の頃、ソルボンヌ大学で現代フランス文学を専攻した。父親は食品店を営み、今は妹さんが引き継いでいる。万年 […]

ありきたりじゃない至福の菓子にため息。

年末が近づくと、なにかと友人宅を訪問する機会が増えるもの。で、アタマを悩ませることになるのが、その際の手みやげのアイデア。パリにケーキ店は数多くあれど、決してしつこくなく個性的で控えめな甘さにシビレルお菓子なら断然ココで […]

Jupiter-Okwess “Troposphère 13”

 今年はコンゴ・ルンバ(リンガラ音楽)の立役者、パパ・ウエンバが亡くなったけれど、首都キンシャサのポップミュージックは衰えを知らない。その熱い核は、今年50歳のカリスマミュージシャン、ジュピター・ボンコジとオクウェス・イ […]

メリエスから3Dまで、機械としての映画。

De Méliès à la 3D :  La Machine Cinéma 映画は 「芸術」、だけではない。「メリエスから3Dまで」展は、映画が「科学技術」の申し子であることも教えてくれる。1936年創設のシネマテーク […]

鑑賞者の想像を超えてくる『 L’Ornithologue 鳥類学者』

ピュアな驚きに満ちた傑作。「予備知識ゼロ」で出会ってほしいが、全くイメージが沸かない作品は鑑賞の選択肢にも入らないと思うので、やはりここで紹介したい。 渓谷を走る深緑の大河。フェルナンド(ポール・アミー)は、黒いコウノト […]

9万8千人

 教育省の発表によれば、バカロレアなどの資格を得ることなく学業を離れた若者は9万8千人。フランソワ・オランドが大統領になった2012年は13万5千人だったので、大幅に減少したことになる。 「私たちの政策が実りを結んでいる […]

地中海に逃避行、 ギリシャの家庭料理で暖を取ろう。

暖房の効いた部屋でアイスを食べる贅沢と同じで、寒い季節だからこそ、夏のバカンスを思わせる味わいに触れるのもたまにはいいものだ。昔ながらのギリシャ風サンドイッチでもなく、昨今流行りのスヴラキサンドイッチでもなく、ここはギリ […]

Soulèvements

今年は、弾圧や差別に対する人々の抵抗をテーマにした展覧会が多かった。これはそのジャンルの、今年最後にして最大の展覧会だ。美しさとインパクトの強さの両方を併せ持つ作品が、素描、油彩、映画、写真から選ばれた。 パリ・コミュー […]

2017年度予算案、可決

11/22 2017年度予算案が、国民議会第一読会で賛成287票、反対243票で可決された。上院審議を経て最終成立するのは12月下旬の予定。 右派政党は財政赤字軽減策が不十分として反対票を投じた。予算案に盛り込まれた主な […]

テロ未遂容疑で7人逮捕

11/21 カズヌーヴ内相は仏国内で同時テロを準備していたイスラム過激派グループを19日夜に逮捕したと発表した。逮捕されたのは、ストラスブールで仏人2人と仏チュニジア、仏モロッコの二重国籍者2人の計4人、マルセイユではア […]

OVNI 820

OVNI 820 : 01/12/2016

パリの自家醸造ビール。

パリの醸造所 ルネサンス。 自家醸造ブームが止まらない。今年、フランスの自家醸造所は千軒を超えた。2010年からは、パリと、パリを中心とするイル・ド・フランス地域圏でもオープンが相次ぎ、今や48軒。ほかにも7軒のミクロブ […]

右派公認候補は、やっぱりフィヨン元首相。

 11月20日、初めて一般も参加できる右派予備選第1回投票に430万人!27日の決選に450万人! が各回2ユーロ払って参加した。 1回選は元首相フィヨン候補が44.1%、やはり首相経験があり現在ボルドー市長のジュペが2 […]

i-Téléのスト、集結

11/16 ニュース専門局i-Téléの従業員は、31日間続いたストを終結させることを満場一致で決めた。未成年わいせつ罪の被疑者ジャン=マルク・モランディーニ氏の入局に反対して始まったストだが、i-Téléの属すカナル・ […]

Stelios Petrakis Quartet

12月10日(土) ステリオス・ペトラキスは、クレタ島でビザンティン時代から奏でられるリラ(リュートに近い)の名手。彼が率いるカルテットがクレタ島やギリシャの民俗音楽をベースにした曲を演奏。19€/14€/9€

マクロン氏、大統領選出馬

11/16 マクロン前経済相(38)は来年春の大統領選挙に出馬すると正式に表明した。前経済相はパリ郊外ボビニー市の職業訓練所で短い演説を行い、現在の政治システムは「国益よりも自らの生き残りの心配をしている」と政治の行き詰 […]

サルコジ疑惑に新証言

11/15 ネット新聞メディアパールは、2007年の大統領選資金として500万ユーロの現金をサルコジ氏に渡したとする仏・レバノン人実業家ジアド・タキエディン氏の談話を掲載した。同氏は2006年末から07年初頭に当時サルコ […]

行政裁、空港建設を承認

11/14 ナント郊外ノートルダム・デ・ランドの新空港建設をめぐり、ナント行政裁判所控訴部は工事開始を許可する県知事令を有効とした。敗訴した建設反対派は国務院に上訴するが、その判断が出るまで建設許可は有効。同行政裁判所の […]

Anne Manoli

12月10日(土)まで 厚い画布からカゲロウ、カエル、野草が浮かび出る。アンヌ・マノリの油彩は動植物をモチーフに取り入れたガレのガラス工芸や、モネの睡蓮、マチエールが豊かなアンゼルム・キーファーの作品を連想させる。

Oratorio de Noël

12月6日(火) ノエルの季節は大バッハの名曲、クリスマス・オラトリオ。鈴木雅明が指揮、エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団と合唱団。独唱はソプラノのアンナ・デニス、カウンターテナーのロビン・ブレイズほか。20h。

Olga de Amaral

1月14日(土)まで コロンビアの作家、オルガ・デ・アマラルのテキスタイル作品。麻に金箔を施して織った作品は、コンキスタドールの甲冑のようでも、インカの宝のようでもある。地球と宇宙の鉱物的な抽象世界も見えてくる。

Fukushima Année 6

12月5日(月)〜16日(金) 福島三春の自然や人を撮ってきた飛田晋秀が3.11事故後の福島を撮った写真展。 12月5日 18h30-:飛田氏出席オープニング。 12月8日 19h-  : 討論会〈原子力ロビーとエートス […]

パリ同時テロから1年

11/13 サンドニとパリの同時テロ1周年を記念し、テロの起きた各場所で追悼プレートを除幕する簡素なセレモニーが行われた。セレモニーはスタッド・ド・フランス(死者1人)、パリ10区・11区のレストランとカフェ(死者39人 […]