難民受入れに反対運動も

refugiees

10/8
難民の受け入れに反対するデモが南仏などいくつかの市町村で行われた。政府はカレーの難民・移民キャンプの年末撤去に伴い、難民・移民を全国の一時収容所に割り振っているが、受け入れ先の市町村が反対するケースが見られる。ヴァール県ピエールフ町(人口6千人)では町議会が60人の受け入れ拒否願いを採決したが、県庁はこれを拒否したため、住民がデモ。ドローム県アレックス村(人口2500人)では、村長の決めた難民50人の一時受け入れの是非を問う住民投票を行政裁判所が却下し、国民戦線党(FN)に支援された一部住民の反対運動が発生。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る