テロ犯の居場所を通報した女性がメディアに証言

2/4
ニュース専門TVのBFMTVとラジオ局RMCは、11月のパリ同時テロを計画したとされるアブデルアミド・アバウッドの居場所を警察に通報したソニアさん(仮名)の証言を報じた。証言によると、ソニアさんはアバウッドのいとこの友人で、テロ2日後の11月15日にサンドニ県オーベルヴィリエの高速道路下に隠れていたアバウッドを車で迎えに行き、シリアから90人のテロリストとともにパリ首都圏に入ったこと、デファンスのテロ計画などの話を聞いた。ソニアさんのこの通報によって、サンドニ市のアパートへの警察の突撃が可能になった。また、ソニアさんは、身分証明書や生活費など、保護のための支援を当局から一切支給されていないと発言。パリ検察局はこの報道が人命を危険にさらしたとして捜査を開始した。