スカーフ遊び

 Jeu du foulard

小中高校生の一部の間で、お互いにスカーフや腕、手などを使って首を絞め合う遊びが、急性貧血になることに一種の快感があるのか、はびこっているという。この「jeu du foulardスカーフ遊び」で、古い数字だが2009年には13人の児童が死亡。研究者たちが、トゥールーズの25の小学校の児童約1000人(平均年齢8.3歳)を対象に行った調査によると、40%がこの遊びを経験していて、13%は毎日のことだという。(真)


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る