ヴァンセンヌの森にある デュブルイユ庭園が一般公開。

 年1度の庭園祭の際しか一般に公開されていなかった、ヴァンセンヌの森にあるデュブルイユ園芸学校の庭園(6ヘクタール)が7月12日から通年公開されることになった。
 門を入って左手の英国式庭園には、広々とした芝生に樹齢数百年はありそうなプラタナスやマロニエの巨木が涼しい陰を作っている。脇の池には黄色い花をつけたスイレンに似た植物が水面をおおい、ガマなど水辺の植物が周りを縁どっている。奥に進むと、紫と白のスイレンが美しい水盤のまわりに、季節をすぎたバラやさまざまな花の咲き乱れるバラ園がある。園芸学校だけあって、植えられている草花の種類の豊富さには目を見張るばかりだ。そばを通る高速道路の騒音が気になるのが難だが、目の保養にはぴったり。デュブルイユ庭園のすぐ向かいにある樹木園〈Arboretum〉(樹木800本)もおすすめだ。(し)


Jardin de l’Ecole Du Breuil


最寄り駅RER A線Joinville-le-Pont。9h-19h(10月から-18h)。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る