地下鉄駅でのゴミ分別、定着するか?



6月末にメトロのダンフェール・ロシュロー駅構内にお目見えした黄色のごみ袋。銀色メタルの普通のゴミ箱と仲良く並んでいるこのゴミ袋は、新聞・雑誌、ペットボトル、缶を分別するためのもの。
RATP(パリ交通公団)の駅構内で出るゴミは年間3000トン、半分はリサイクル可能のゴミだ。これを活用しようと、6カ月間のテスト駅に選ばれたのが
ダンフェール・ロシュロー。成功すれば全駅に拡大される予定だ。ホームにあるのを一つのぞいてみると、けっこう入っている(指定外のゴミも入っていたけれ
ど)。立ち止まって3分間迷った末に何かを捨てて行った人も目撃。日本ではお馴染みの駅でのゴミ分別。面倒なことがいやそうなフランス人の間で定着する
か、成り行きに注目したい。
(し)

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る