“Le Pen, dehors!”、”J’ai honte!”


4月21日に行われた大統領選挙で、「外国人排斥」、「死刑復活」などを公約にしていた、国民戦線党のルペン候補が2週間後の決選投票に残ることがほぼ確定したのは、同日の午後10時過ぎ。と同時に、リヨン、ボルドー、トゥールーズ、ナント、パリなどの都市で、若者を中心に「ルペン、出て行け!」「私は恥ずかしい!」などのプラカードを掲げた人たちが街頭に飛び出し、集会とデモ。パリでは、バスチーユ広場やカルチエラタンに約3 万人が集まり、”Le Pen, t’es foutu, le peuple est dans la rue!” とシュプレヒコールを繰り返した。この「ルペン阻止」の熱気は翌日になってもおさまらず、フランス全国約30都市で15万人がデモに参加、高校生たちの姿も数多く見られた。(真)

バスチーユ広場にて。
Photos : Sayoko MURAKUSHI


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る